記事インデックス
★証券口座開設はこちらから★
↓     ↓     ↓
ただいま工事中
 
★おすすめ株式商材
★カテゴリー
ごあいさつ
マーケット情報
気になる銘柄
初心者のための株式用語解説
稼ぎのヒント
日記
リンク記事
★過去ログ
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
★お薦めFP情報
★相互リンク
初心者のための情報起業戦略
のら猫アフィリエイト
情報起業家多事総論
無料小冊子、レポート裏情報暴露
サル・XLの相場日記
株初心者のネット株取引基礎講座
★最強情報商材
インスタントブログアフィリエイト
インスタントブログお薦め情報
インスタントブログアフィリ特典

2006年10月30日

株初心者のための相場解説 10/30(日経平均大幅続落、東証全面安、鉱工業生産指数若干の上ぶれ、国際優良株利食い売り、為替相場円高傾向、25日移動平均線を下にブレーク、米国株市場軟調、外国人投資家売り越し、米国市場CPI軟調) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均大幅続落
・東証値上がり199、値下がり1447、変わらず53
・東証全面安
・東証全業種(33業種)下落
・鉱工業生産指数若干の上ぶれ
・国際優良株利食い売り
・為替相場円高傾向
・25日移動平均線を下にブレーク
・好決算企業も材料で尽くし
・米国株市場軟調
・外国人投資家売り越し(売り3270万株 買い2430万株)
・米国市場CPI軟調


こんばんは。FPかぶ吉です。

3日ぶりの記事更新です。
しかし、明日また急な出張となってしまいました。ですので明日はまた記事の更新ができません。お許し下さい。

なんせ、FPかぶ吉もサラリーマンですのでつらい立場に有ります。(トホホ・・)

愚痴はこの辺にして今日の東京株式市場を振り返って行きたいと思います。

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末比317円安の1万6351円で取引を終了しました。大幅続落です。

現在の東京株式市場は、先週の木曜日までと打って変わって悪材料が目白押しです。
悪材料をあげてみますと・・・・・
@米国株市場軟調
A外国人投資家売り越し
B鉱工業生産指数が若干コンセンサスを上回ったものの自動車などの伸びが予想を下回ったこと
C米国株市場CPI指数が軟調であったこと
D為替が円高傾向にふれたこと
E米実質国内総生産(GDP)速報値(年率1.6%増)が市場予想を下回ったこと
その他・・・・・・

少し考えただけでもこんなに悪材料をあげることができます。

この材料を見ているだけで、今までの東京株式市場を牽引してきた主力大型株、国際優良株に大きな逆風が吹いていることがわかります。

実際、本日の相場では自動車・ハイテクなど主力輸出関連主導が本日の下落を牽引している結果となっています。

かなり東京株式市場の雲行きが悪くなっており、少し心配です。

また、本日テクニカル上のサポートと見られていた25日移動平均線も割り込んでしまい少し大幅な調整が有る可能性も捨て切れません。

しかし、ポジティブに考えてみると発表されている決算が概ね良好で、バリュエーション上は、これが相場水準を下支えする可能性があります。

しかし、この好決算も下手をすれば材料で尽くしと捕らえられる可能性もあり好決算がどちらにとられられるかが今後の先行きを占う上で重要と思われます。

明日以降注目すべき点としては、内需株の代表であるメガバンクや個人投資家に人気のあるソフトバンクが値を上げるかどうかだと思われます。

これらの銘柄が元気であれば、国際優良株・主力大型株に変わり市場を牽引すると考えられ市場のセンチメントもあまり悪化しないように思われます。

いずれにせよ、今は東京株式市場が本格的に調整相場に突入するのか押し目を形成しているだけなのかの分岐点と考えられ要注目です!!

●今日の堅調銘柄

・記載できる銘柄はソフトバンクぐらいでしょうか?

●今日の軟調銘柄

・自動車株:トヨタ、日産自、ホンダ、マツダ、ダイハツ、スズキなど

・主力ハイテク株:ニコン、HOYA、TDK、京セラ、キヤノン、松下電産など

・機械株:クボタ、コマツ、アマダ、東芝機械など

・銀行株:みずほ、三菱UFJなど

・証券株:野村HD、大和証、日興CG、東海東京証など

・生損保株:損保JPN、あいおい、T&DHD、日本興亜、ミレアHDなど

※東証業種別株価指数:全33業種下落。


以上、今日はここまで!明後日お会いしましょう!!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月26日

株初心者のための相場解説 10/26(日経平均大幅反発、株価出遅れ感、主力企業好決算期待、NYダウ史上最高値3日連続更新、米国金利据え置き) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均大幅反発
・東証値上がり905、値下がり662、変わらず130
・株価出遅れ感
・主力大型株堅調
・主力企業好決算期待
・NY市場原油大幅高
・外国人投資家小幅売り越し(売り3660万株 買い3560万株)
・NYダウ史上最高値3日連続更新
・米連邦公開市場委員会(FOMC)通過
・米国金利据え置き


こんばんは。FPかぶ吉です。

今日は、少し早く帰宅することができました。
また、今週の金曜日に出張でセミナーの講師を行うのですが、それに使用するスライドの準備にも目処が立ちました。

何かとてもいい気分です。体調も万全とはいきませんがOKです。

と言う事で、久々に張り切って今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比112円高の1万6811円で取引を終了しました。大幅反発です。

朝方は、昨晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金利の据え置きが発表されたことやNYダウが3日連続で史上最高値を更新している事、更には国内主要企業の好決算の期待などから買い先行で取引が開始されました。

買い一巡後も上値の重さは気になるもののここ最近堅調なトヨタ、キャノンなどの主力大型株が買いをあつめ終日高値安定の相場展開で大引けを迎えました。

昨日様子見を余儀なくされた米公開市場委員会(FOMC)も無事通過しやれやれです。
また、米国株市場はいつ調整してもおかしくない状況であるのも関わらず気がつけばNYダウが12100ドル台を固めつつあるようにも思えます。

これに呼応するように日本株市場の出遅れ感も話題になるようになりなかなか良い感じとなってきてるのではないでしょうか?

昨日同様に今後年末に向けての東京株式市場がますます楽しみになってきました。ただし、適度な調整を繰り返しながら上昇していくことはお忘れなく・・・。

人間すぐに堅調な相場となるとあげ続けていくように錯覚するため、少しの調整時期に入るとあたふたしてしまいます。ここはどっしり構えることを忘れないようにして下さいね!


さて、今日は相場解説に加え今日発表された10月第3週(16〜20日)の投資主体別動向についてもFPかぶ吉の私見を述べてみようと思います。

この数値によると外国人投資家は、4週連続で買い越し売買代金は増加してきています。これに対し、売りの主体は個人投資家でまたまた個人売りの外国人買いとなっています。
やっぱり相場が堅調に推移するときはこの構図となっていましたね。
しかし、20日申し込み時点での信用評価損益率はマイナス7.82%と半年振りの水準に回復しています。

これらのことから個人投資家の懐具合も改善してきていることが推測され今後は個人投資家も買いに入ってくると思われます。

このまま外国人の買いが継続すればここに個人投資家も参加し株価の上昇スピードがアップする可能性も出てきます。

ただし、この上昇過程でうまく外国人投資家が売り抜けていくことは今までにも十分ありましたので今後ますます外国人投資家の動向には注意が必要と思います。

また、いまお話した状況は東証の話であり新興市場は依然大きく負けている状況にありますので買い余力は乏しいと考えられますのでご注意下さい。

●今日の堅調銘柄

・資源開発株:石油資源、国際帝石など

・石油株:新日石、新日鉱HD、AOCHDなど

・商社株:三菱商事、伊藤忠商事、住友商事、丸紅など

・不動産株:三菱地所、クリード、URBAN、ダイナシティなど

・銀行株:みずほ、三菱UFJ、三井住友、りそななど

・造船株:三井造船、日立造船、石川島、佐世保など↓ ハウス食、グリコ、伊藤園、カゴメなどの食品株の一角が軟調。

●今日の軟調銘柄

・空運株:日本航空、全日空など

・ノンバンク株:ポケットC、クレセゾン、武富士、アイフル、アコムなど

以上、今日はここまで!

PS:前振りの部分で少し触れましたが、明日、明後日と出張です。
   ですので明日の記事の更新ができませんのでご了承下さい。
   一日早いですが、良い週末を!!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 稼ぎのヒント

2006年10月25日

株初心者のための相場解説 10/25(日経平均続落、TOPIX4日ぶり反落、日経平均高値警戒感、主力大型株軟調、ノンバンク株急落、NYダウ史上最高値更新、25日米連邦公開市場委員会(FOMC)開催) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均続落
・東証値上がり545、値下がり1029、変わらず126
・TOPIX4日ぶり反落
・日経平均高値警戒感
・ノンバンク株急落
・主力大型株軟調
・外国人投資家大幅買い越し(売り2590万株 買い5060万株)
・米国株式市場続伸
・NYダウ史上最高値更新
・25日米連邦公開市場委員会(FOMC)開催


こんばんは。FPかぶ吉です。

やっと体調が戻ってきました。
今週は、たまった仕事を片付けなければならなく気持に余裕がありません。

今一番時間がほしいFPかぶ吉です。

では、今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比81円安の1万6699円で取引を終了しました。TOPIXは4日ぶりの反落です。

朝方は、昨晩の米国株市場が史上最高値を連日更新していることや寄り付き前の外国人投資家が2000万株を超える大幅な買い越し(売り2590万株 買い5060万株)を見た事などから買い先行で取引が開始されました。

しかし、その後はこれまで日経平均を牽引してきた主力大型株が利食い売りに押されるなど上値の重さを露呈する形となり日経平均は伸び悩みを見せました。

そのような動きが出てきたため、日経平均の高値警戒感や企業の業績発表を見極めたい事、更には今晩から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいなどの理由から見送り気分が蔓延し始めついには日経平均が前日比マイナスに転換し本日の安値圏で取引が終了しました。

本日は、貸金業規制案の見直し報道からノンバンク株が急落したことやメルコなどが上方修正を発表したにも関わらず材料で尽くしとして下落するなど好材料にも反応が薄く、悪材料に敏感には反応するという相場となっていました。

これらのことからどうやらこれまで堅調であった日経平均も少し調整に入って来たのかも知れません。

しかし、今後発表される国際優良株を中心とした決産発表は好調なものが期待されていますので、この調整は当然の調整と考えられ値幅調整というよりは時間調整と見たほうが懸命と思われます。

ということですので、悲観的にならず日経平均年末高値に向けての休息を楽しむ余裕も必要ではないかと思います。

●今日の堅調銘柄

・海運株:川崎船、郵船、商船三井、太平海など

・鉄鋼株:住金、神戸鋼、JFEHD、新日鉄など

・資源開発株:石油資源、国際帝石など

・石油株:出光興産、新日石油、新日鉱HD、AOCHDなど

●今日の軟調銘柄

・大手信販株:イオンクレジット、OMCカード、クレディセゾン、UFJニコスなど

・ノンバンク株:アイフル、プロミス、武富士など

・証券株:新光証券、岡三証券、松井証券、大和証券など

・不動産株:三菱地所、NTT都市、東急不動産、大京、東京建物など

以上、今日はここまで!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月24日

株初心者のための相場解説 10/23(日経平均小反落、TOPIX続伸、メガバンク堅調、ヤフーストップ高,NYダウ史上最高値更新、NYダウ12100ドル台) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均小幅安
・東証値上がり728、値下がり844、変わらず127
・TOPIX続伸
・メガバンク堅調
・ヤフーストップ高
・外国人投資家大幅買い越し(売り3040万株 買い4840万株)
・米国株式市場大幅反発
・NYダウ終値12100ドル台
・NYダウ史上最高値更新
・24日、25日米連邦公開市場委員会(FOMC)開催


こんばんは。FPかぶ吉です。

相変わらず、体調不良のFPかぶ吉です。
ですので、サクッと記事に入ります。

では、今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比8円安の1万6780円で取引を終了しました。

朝方は、昨晩の米国株市場(NYダウ)が史上最高値を更新(終値12100ドル台)したことや外国人投資家が大幅な買い越しを継続していることなどから買い先行で取引が開始されました。

また、ソフトバンクが携帯電話の新料金プランを発表しこれに伴う期待から買い気配で始まったことなど日本株の先高感を漂わせるものがありました。

しかし、後場に入るとソフトバンクが下げに転じるなど日経平均が17000円台に近づくとさすがに戻り売りがきつくなっているようです。

ただ、ソフトバンク関連銘柄のヤフーがストップ高で引けを迎えるなど今までの東京株式市場とは少し違った雰囲気も出てきました。

ここ最近の上昇相場を引っ張ってきた国際優良銘柄は利食い売りに押される場面も出てきましたが、ここでもメガバンクをはじめとした内需銘柄が国際優良銘柄に変わって物色の対象になってきています。

結果、日経平均は小反落となりましたがTOPIXはプラスで引けており力強さを感じる動きとして評価しても良いのではないかと思います。

今後の値動きとしては、今日は上値で利食い売りの出ていた国際優良株も良好な決算期待が株価をサポートするものと考えられ、テクニカル的には5日移動平均線がサポートするような形で上昇を続けていくものと予想しています。

ただし、非常に好調というか怖いくらいに上昇を続ける米国株市場の調整には注意をしていた下さい。

今の心配はこれぐらいかも知れません。(ちょっと楽観過ぎでしょうか?)(笑)


●今日の堅調銘柄

・大手銀行株:みずほ、三井住友、りそななど

・生損保株:T&DHD、日本興亜、三住海上、あいおい、ミレアHDなど

・小売株:ダイエー、松坂屋HD、大丸、丸井、イオンなど

●今日の軟調銘柄

・通信株:KDDI、ドコモ、NTTなど

・資源開発株:石油資源、国際帝石など

・石油株:AOCHD、富士興、コスモ石など

・不動産株:URBAN、パシフィック、クリード、三井不動産、三菱地所など

以上、今日はここまで!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月23日

株初心者のための相場解説 10/23(日経平均続伸、TOPIX戻り高値更新、信越化学好決算、新興市場堅調、FOMC) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均大幅続伸
・東証値上がり1153、値下がり423、変わらず121
・TOPIX戻り高値突破
・9月中間決算発表期待
・信越化学好決算
・新興市場堅調
・USEN、楽天、急反発
・外国人投資家大幅買い越し(売り3580万株 買い4610万株)
・米国株式市場小幅反落
・24日、25日米連邦公開市場委員会(FOMC)開催


こんばんは。FPかぶ吉です。

今日は、体調がすぐれません。
2日酔いです。
気持ち悪いのが収まってきたら今度は頭痛です。こんな経験は初めてなので、少し年を感じているFPかぶ吉です。

では、今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末比137円高の1万6788で取引を終了しました。

朝方は、高値警戒感からか昨晩の米国株市場が小幅反落した事をうけ外国人投資家が大幅な買い越し(売り3580万株 買い4610万株)を見せたにも関わらず、売り先行で取引が開始されました。

しかし、下値の堅さが確認されると主力株を中心に押し目買いが入り上昇に転じました。午後1時ごろには、信越化学の決算が発表されコンセンサスを上回る着地となり株価も堅調に推移しました。また、USEN、ソフトバンクや楽天(何とストップ高!)が堅調な動きを見せこれにつられてインデックス買いも入り堅調な相場展開が大引けまで続きました。

日経平均は、先週付けたばかりの戻り高値(16732円)を早くも更新しています。

そして、更に特筆すべき事は本日、日経平均だけでなくめでたくTOPIXも9月の戻り高値(1651.35P)を更新する事ができました。

この意味は大きいものと考えます。ここ直近の相場は主力大型株、国際優良株を中心に日経平均単独での上昇でした。

ですので、なかなか個人投資家に人気の中小型株などの株価上昇があまり見られず、日経平均の上昇の割には保有株の上昇や儲けが少なかったように思います。

しかし、本日TOPIXも戻り高値を更新してきた事で物色の範囲が広がってきました。
また、新興市場も堅調ということですので、いよいよ機関投資家・外国人投資家だけでなく個人投資家株式指標の上昇を肌でもって感じられる相場展開が始まろうとしているように思います。

楽観は厳禁かと思いますが、今後続々と発表される9月中間期決算の内容も良いものと推測され相場全体の底上げが期待されると思います。

楽しみな東京株式市場になってきそうです!!

●今日の堅調銘柄

・不動産株:三菱地所、住友不動産、東京建物、平和不動産、東急不動産など

・銀行株:みずほ、三井住友、りそな、三菱UFJ、佐賀銀行、福井銀行、関東ツクバなど

・生損保株:三住海上、あいおい、T&DHD、損保JAPAN、ミレアHDなど

・精密株:ニコン、HOYA、オリンパス、電産コパルなど

・ハイテク株:キャノン、TDK、NECなど

●今日の軟調銘柄

・資源開発株:石油資源、国際帝石など

・石油株:AOCHD、昭和シェルなど

・機械株:コマツ、日立建機、マキタ、クボタなど

以上、今日はここまで!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月21日

株初心者のための相場解説 10/18(日経平均反発、主力大型株堅調、ソニー下げ渋り、新興市場会計不信、USEN大幅安、NYダウ12000ドル台、24日、25日米連邦公開市場委員会(FOMC)開催) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均反発
・東証値上がり880、値下がり680、変わらず133
・主力大型株堅調
・ソニー下げ渋り
・新興市場軟調
・新興市場会計不信
・USEN大幅安
・外国人投資家小幅買い越し(売り2810万株 買い2910万株)
・NYダウ史上最高値更新
・NYダウ12000ドル台
・24日、25日米連邦公開市場委員会(FOMC)開催
・ラマダン明け
・オイルマネー流入期待


こんばんは。FPかぶ吉です。

今週は、忙しいと再三言っていますが、そのためただいま帰宅しました。
う〜〜〜眠い!
早く記事を書いて、ねよーっと!!
明日も仕事だし・・・・・・


では、今日の東京株式市場を振り返って行きます!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比100円高の1万6651円で取引を終了しました。

昨晩のNYダウがついに12000ドル台に乗せた事を好感し国際優良株主体に買い先行で取引が開始されました。

ただ、外国人投資家が小幅な買い越しとなっていため、大幅な買い先行という訳には行きませんでした。

しかし、下方修正を発表したソニーが底堅い動きをしていた為、売り込まれるという動きも見られませんでした。

これと反対の動きをしたのがUSENです。昨日の記事でUSENショックが来ないことを祈るばかりだと記載しましたが、はかなくも新興市場においてはショックが到来してしまいました。

ここのところ新興市場が盛り返していましたが、今日は見る影もありませんでした。ライブドアショック以来くすぶり続けていた新興市場企業の会計不信が再燃した形となっています。

東証一部においては、このUSENショックが幸いした形で主力大型株に再度資金が流入しています。何とも皮肉なもんです。

ということで、来週から日本株市場は、決算が本格化するため様子見ムードが強まる可能性はあるものの、好決算内容(予想)を確認し、主力株を中心として徐々に上昇ムードが強まっていく事と思われます。

ただし、米国株市場の動きには注意を怠らないようにしておいてください。

来週の24日、25日に米国連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されており、これが様子見姿勢を強まらせる一因となるかもしれません。

また、NYダウが12000ドル台に乗せた事で達成感が出てくる可能性も指摘されており、これを原因として米国株市場が調整モードに突入したならば日経平均も影響を受けるものと思われます。

ですが、FPかぶ吉としては、米国株の波乱も無く日経平均が上昇する方向の方が大きいと読んでいますので、好業績が期待される銘柄を中心に買い進め、決算発表前に売却する戦法で臨んでみようと思います。

皆さんの戦法はいかがですか?


●今日の堅調銘柄

・商社株:三菱商、住友商、伊藤忠、三井物産、丸紅など

・海運株:川崎船、商船三井、郵船、太平海など

・自動車株:トヨタ、スズキ、ホンダ、マツダ、ダイハツなど

・資源開発株:国際帝石、石油資源など

・石油株:AOCHD、コスモ石、新日石など

●今日の軟調銘柄

・水産株:日水、ニチロ、マルハ本など

・サービス業:フルキャスト、テンプスタッフ、トランスコスモス、T&Gニーズなど

・ハイテク株:京セラ、シャープ、松下電産、日立など

以上、今日はここまで!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | マーケット情報

2006年10月19日

株初心者のための相場解説 10/18(主力大型株利食い売り、HOYA材料出尽くし、USEN大幅下方修正、SOX下落、日経平均反落、NYダウ史上最高値更新) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均反落
・東証値上がり1028、値下がり544、変わらず123
・主力大型株利食い売り
・HOYA材料出尽くし
・新興市場堅調
・楽天連続ストップ高
・USEN大幅下方修正
・外国人投資家大幅買い越し(売り2850万株 買い4510万株)
・NYダウ史上最高値更新
・NYダウ一時12000ドル台乗せ
・米国半導体株指数(SOX)下落


こんばんは。FPかぶ吉です。

今週は、一週間がめっちゃ早いです。明日はもう週末、仕事が立て込みヤバヤバです。
誰かたすけて〜〜〜〜

話は変わり・・・・

今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比101円安の1万6551円で取引を終了しました。

朝方は、昨日と反対に昨晩のNYダウが2日ぶりに史上最高値を更新した事や一時NYダウが12000ドルに乗せた事、更には外国人投資家が大幅な買い越し(売り2850万株 買い4510万株)を見せたことから、買い先行で取引が開始されました。

しかし、昨晩の米国半導体株指数(SOX)が下落していたため、東京エレクトロンやアドバンテストなどの半導体株が利食い売りに押され、これに連動するように主力大型株が弱い動きとなりました。

東京エレクトロンとアドバンテスト、ニコンの3社で日経平均を40円ほど押し下げており、日経平均が軟調となった理由がいかに主力大型株の利食い売りであったかがわかります。

主力大型株の利食い売りは終始続いていましたが、反対に中小型株は堅調に推移しておりこの結果、日経平均は101円下落していますが値上がり銘柄が1000を超えている状況にあります。

そのため、市場参加者には日経平均下落の割には日経平均底割れなどの悲壮感(危機感?)が感じられませんでした。

また、本日13:00頃にHOYAが決算発表を行い、結果が予想の範囲内と材料出尽くしで売り込まれました。

これらの動きを見ても、今後の相場が中小型株、しかも業績堅調な銘柄にシフトしていくものと考えられます。

この動きは、ここ2〜3日の新興市場の堅調な動きを見てもわかります。

しかし、今日この動きに水を差す出来事が起こってしまいこの動きが継続できるかどうかの境目に来ています。

この理由は、本日15:10頃にUSENが大幅な業績の下方修正を発表しましたが、
発表の仕方が悪く(通常、業績の下方修正は決算発表前に行われる事が通例ですが、今日のUSENは本決算発表と同時に行われました。このことが新興市場のIR不信へと発展しないとも限りません。)、明日USENショックが新興市場を襲う可能性が出てきました。

ともかく、地獄絵図を描いてきた新興市場に差し込んできた一筋の光が消えない事を祈るばかりです。

さて、明日はどうなるか・!”#$%&’??

●今日の堅調銘柄

・証券株:カブコム、松井証、丸三証、大和証など

・海運株:商船三井、太平海、飯野海、明治海、川崎船など

・非鉄金属株:東邦鉛、東邦チタ、住友チタ、菱伸銅、住友鉱などの非鉄金属株

・鉄鋼株:愛知鋼、山特鋼、中山鋼、東京鉄など

・不動産株:NTT都市、東急リバ、クリード、URBANなど

●今日の軟調銘柄

・半導体関連株:アドテスト、東エレクなど

・精密株:HOYA、ニコン、東京精密、オリンパスなど

・主力ハイテク株:日立、NEC、東芝など

・生損保株:T&DHD、損保JPN、ミレアHD、三住海上など

・薬品株:武田薬、中外薬、第一三共、アステラス薬など

以上、今日はここまで!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月18日

株初心者のための相場解説 10/18(日経平均小反発、新興市場堅調、楽天ストップ高、米国インフレ懸念、米国株市場反落) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均小反発
・東証値上がり761、値下がり786、変わらず141
・日経平均高値警戒感
・新興市場堅調
・楽天ストップ高
・外国人投資家売り越し(売り3430万株 買い2770万株)
・米国株式市場反落
・米国インフレ懸念
・北朝鮮複数回核実験実施の意向


こんばんは。FPかぶ吉です。

少しぶっきらぼうですが眠いです。
サクッと記事をアップして寝ます。

では今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比41円高の1万6653円で取引を終了しました。

朝方は、昨晩の米国株市場がインフレ圧力を示す経済指標の発表を受けて軟調に推移した事や外国人投資家が売り越しに回った事から売り先行で取引が開始されました。

その後も売り優勢の相場が続き、前場終了時点では日経平均16500円の節目を割り込んでしまいました。

そんな中で、楽天がリーマンブラザース証券のレポートで投資判断を引き上げられた事をきっかけとして堅調に推移し、これが新興市場に波及し国際優良株下落の中で小型株が堅調に推移しました。

この動きをきっかけとして先物主導で日経平均が切り返した事から、売り方の買戻しも進み本日の高値圏で取引が終了しました。

今日の東京株式市場は、前場と後場で全く様子が違っていましたね!

ある意味気もとの良い上げ足で大引けを迎えられほっとしています。

しかし、今までの日経平均上昇の牽引力であった国際優良株の動きに少し陰りが出てきました。

これはこれで注意が必要なのですが、なにより今日は新興株市場が堅調に推移した事が良かったと思います。

新興市場の活況は個人投資家のセンチメントを改善する効果がありますので、日経平均ともあながち関係がないとはいえません。

ということで、今後の東京株式市場は、よく考えれば国際優良株から出遅れ感の強い中小型株選考の相場に切り替わっていくかも知れません。

ただ、新興市場にはあおぞら銀行と言う大型IPOが控えており需給懸念が消えていません。ですからとりあえずの目安として楽天の勢いが鈍るまでと割り切って新興市場中心に投資する事がが良いのかも知れません。

さて、明日以降はどうなる事か・!”#$%&’??

●今日の堅調銘柄

・リース株:ダイヤリース、UFJセントリース、東京リース、リコーリース、興銀リースなど

・証券株:野村HD、大和証、マネックスBHD、カブコムなど

・食品株:第一パン、日ハム、日清製粉G、カルピスなど


●今日の軟調銘柄

・生損保株:T&DHD、ニッセイ同和、富士火、三住海上など

・薬品株:エーザイ、中外薬、武田薬、アステラス薬など

・電気ガス株:北陸電、関西電、大ガス、東ガスなど

以上、今日はここまで!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月17日

株初心者のための相場解説 10/17(日経平均反落、日経平均高値警戒感、新興市場高安まちまち、外国人投資家大幅買い越し、NYダウ史上最高値更新、米国主力企業決算発表) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均3日ぶり反落
・東証値上がり559、値下がり1024、変わらず110
・日経平均高値警戒感
・新興市場まちまち
・外国人投資家大幅買い越し(売り2680万株 買い4180万株)
・米国株式市場史上最高値更新
・米国主力企業決算発表(インテル、ヤフー、IBMなど)


こんばんは。FPかぶ吉です。

少し、お疲れモードのFPかぶ吉です。
一日が30時間ぐらいあったら良いなと思うのは、かぶ吉だけでしょうか?

ではサクッと今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比81円安の1万6611円で取引を終了しました。

朝方は、昨晩の米国株市場が市場最高値を更新した事や外国人投資家が大幅な買い越を見せた反面、ここ2日間で日経平均が300円を超える大幅な上昇を見せていることやFPかぶ吉は、そうでもないと思いますが北朝鮮が2度目の核実験を計画しているとの報道により地政学的リスクが高まっているなどの好悪材料が混在しているため、揉み合いにて取引がスタートしました。

その後も日経平均の急ピッチな上昇などを懸念する動きからじりじりと値を下げてしまいました。

しかし、底値は堅く日経平均16600円どころではしっかりと押し目買いも見られています。

結果、売りが少し優勢で国際優良株なども利食いに押されましたが日経平均16600円ラインは何とか守っての取引終了となりました。

どうやら今日の東京株式市場は、日経平均の高値警戒感から売り圧力と今晩に米国にて発表される主要企業(インテル、IBM、モトローラ、ノベラス、ヤフー、ユナイテッド・テクノロジーズなど)の決算発表を見たいという考え方からか一服となっています。

従って、本日の利益確定売りは限定的で今晩の米国企業の決算内容にポジティブサプライズが見られれば明日の相場は期待しても良いものと思います。

テクニカル的には、日経平均が25日移動平均線(17日現在16522円)を上回っておりこれが続く間は堅調な動きをするものと考えています。

このラインを下にブレークしたり為替相場が円高に傾くなどの傾向が見られた場合は、日経平均の下押しの危険性が出てくるものと思われます。

米国主要企業の決算発表とあわせこの辺も注意しておくと良いのではないでしょうか?

●今日の堅調銘柄

・石油株:新日鉱HD、東ゼネ石、AOCHDなど

・紙、パルプ株:大王紙、中越パル、日本紙、巴川紙など

・不動産株:菱地所、ダイヤシティ、大京、URBANなど

●今日の軟調銘柄

・自動車株:トヨタ、日産自、ホンダ、マツダ、スズキなど

・主力ハイテク株:ソニー、TDK、シャープ、京セラ、東芝など

・生損保株:損保JPN、ミレアHD、あいおい、日本興亜など

・銀行株:三菱UFJ、みずほ、りそななど

・通信株:NTT、KDDI、NTTなど


以上、今日はここまで!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | マーケット情報

株初心者のための相場解説 10/16(日経平均大幅続伸、新興市場リバウンド、ハイテク株堅調、内需関連株堅調、日本株に出遅れ感、NYダウ史上最高値更新、円安ドル高) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均大幅続伸
・東証値上がり1456、値下がり186、変わらず53
・日本株式市場全面高
・新興市場リバウンド
・ハイテク株堅調
・内需関連株堅調
・日本株出遅れ感
・外国人投資家買い越し(売り2320万株 買い3110万株)
・米国株式市場史上最高値更新
・円安ドル高


こんばんは。FPかぶ吉です。

ただいま、帰宅いたしました。
今週は、こんな日が続きそうですが、今日のような相場展開で記事の更新が億劫にならない事を祈っています。

頼みますよ!東証さん!!。

ではサクッと今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末比156円高の1万6692円で取引を終了しました。大幅続伸です。

先週末に日経平均16500円の節目を突破したばかりでしたが、本日は直近の戻り高値を更新しています。良い感じですね!!

先週末の米国株市場(NYダウ)が相変わらず堅調な動きを見せ史上最高値を更新しています。更に外国人投資家が買い越し(売り2320万株 買い3110万株)に転じたことを好感し、買い先行で取引が開始されました。

その後もじりじりと上げ幅を拡大し16700円を突破しました。
その後は、日経平均がこのラインで揉み合いとなり、大引けまでこの揉み合いは続きました。

現在の東京株式市場は、かなり雰囲気が改善してきましたね!
特に先週までのように国際優良株だけが相場をリードするような展開でなく、今日はハイテク株に加え、不動産や大手銀行などを代表とする内需関連株も堅調な点が評価できると思います。また、新興株市場にも明るい兆しが射し始めており市場のセンチメントも変わってくるような気がします。

まあ、これはNYダウが史上最高値を更新しており、米国株市場に比較し日本株式市場に出遅れ感が漂っているためと言う見方が主力のため、米国株がこけたら日本株もこけたとならないように注意が必要です。

米国株市場もさすがに高値警戒感が出てきていますのでNYダウの動きには注目をしていてください。

で、今週の日経平均はどうなるかと言いますと、今週米国で優良企業の決算が相次ぎ予定されています。また、国内でも主力企業の決算発表がスタートしてきますので、これらの好業績発表を先取りした値動きのようにも思えます。

ですから、これから数日は堅調な値動きが期待できるものの週末から来週にかけては調整がやってくるように思います。

と言う事で、今週は週初め堅調、週末軟調と考えますがいかがでしょうか?
参考になれば幸いです。


●今日の堅調銘柄

・ノンバンク株:住信リース、住商リース、東京リース、OMCカード、ジャックス、オリックス、オリコなど

・不動産株:三井不、住友不、パシフィック、東京建物、URBANなど

・機械株:椿本チエイン、クボタ、OSG、東芝機械、日立建機、コマツなど

・主力ハイテク株:ソニー、シャープ、NEC、東芝など

●今日の軟調銘柄

・薬品株:久光薬、アステラス薬、みらかHD、武田薬など

・海運株:郵船、川崎船、商船三井、飯野海など

以上、今日はここまで!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 00:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月14日

株初心者のための相場解説 10/13(日経平均大幅反発、新興市場リバウンド、オプションSQ、NYダウ史上最高値更新、円安ドル高) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均大幅反発
・東証値上がり1405、値下がり225、変わらず65
・日本株式市場全面高
・新興市場リバウンド
・10月物オプションSQ算出(16484.59円)
・国際優良株の一角に利食い売り
・外国人投資家売り越し(売り3720万株 買い3320万株)
・米国株式市場史上最高値更新
・円安ドル高


こんばんは。FPかぶ吉です。

今日は、えらい遅くの配信となってしまいました。帰宅時間は、かえって早いくらいでしたが、そんなときに限って野暮用ができてしまいます。

う〜眠い!記事を書いたら寝ようと思います。

ではサクッと今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比167円高の1万6536円で取引を終了しました。今まで 何度も跳ね返され越えることができなかった日経平均16500円の節目を突破しました。良し良し!!

昨晩の米国株市場(NYダウ)が史上最高値を更新した事やナスダック、SOX指数(半導体指数)も強かった事から外国人投資家の売り越しにも負けず、買い基調で取引が始まりました。

また、10月物のオプションSQも無事に通過し、更に新興株市場も押し目買いが入ったことから、買い一巡後も強い動きをしていました。

しかし、日経平均が16600円に迫るところでは、ここのところ強い動きをしていた国際優良株の一角に利食い売りが入り上値を抑える結果となってしまいました。

結局その後は、揉み合い相場となり週末要因も加わりそのまま大引けを迎える結果となりました。

結果としては、日経平均が16500円台を回復していますし、本日算出されたSQ値より50円程度上回っての大引けとなっていますので比較的強い相場展開であったと言えると思います。

しかし、このところ強い動きをしていた国際優良株の一角に利食い売りが出た事を考えると来週は、銘柄物色の方向に変化が出てくる可能性も出てきました。

セオリー的には、国際優良株の次にはNT倍率(日経平均とTOPIXの比)の修正から内需株が物色されると思われますが、現在内需系の本命と目される大手銀行株が低迷している関係上、この動きも想定しがたいと思われます。

結局、消去法的に出遅れ感の感じられるハイテク株への物色と言うシナリオが浮かび上がってくると思います。

幸いにナスダックやSOX指数も出直りを見せてきていますし来週からインテルを筆頭として決算発表が本格化します。この動きを受けて日本のハイテク企業が物色対象になっていくと言うシナリオです。

当たるかどうかはわかりませんが、FPかぶ吉的にはこんなシナリオを描いてみました。このシナリオの結果は来週の東京株式市場を見ていてください。

さあ、どうなる事でしょうか? 来週の東京株式市場に注目です。

●今日の堅調銘柄

・商社株:伊藤忠、丸紅、双日、三菱商、住友商など

・小売株:イオン、ダイエー、良品計画、マルエツ、ヤマダ電など

・非鉄金属株:東邦チタ、住友チタ、住友鉱、三菱マテなど

・建設株:鹿島、MISAWA、三住建設など

・不動産株:パシフィック、大京、菱地所、住友不など

・生損保株:ミレアHD、T&DHD、損保JPNなど

●今日の軟調銘柄

・電鉄株:JR東日本、JR東海、JR西日本、小田急、京王、阪急阪神など

・国際優良株の一角:キヤノン、トヨタ、ホンダなど

・大手銀行株の一角:三菱UFJ、みずほなど

以上、今日はここまで!! 良い週末をお過ごし下さい。

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月13日

お気に入りリンク集です。

FPかぶ吉のお気に入りリンク集です。
皆さん、一度ご覧下さい。

長州小力公認チャーシュー小力(コリキ)Tシャツ販売サイト

長州小力公認のパロディ商品“チャーシュー小力Tシャツ”です。力(リキ)ブランドの注目度No.1商品です。


資格と資格試験

資格と資格試験で人気なものとは?資格について一考するサイトです


犬とともに暮らす

犬をペットとして飼いたいというあなたにご覧になっていただきたいサイトです。


ダイエット!の前にダイエットの基礎知識

ダイエットを目指すあなたを応援します。ダイエット食品のブームに惑わされないよう、正しいダイエットの基礎知識を身につけましょう。


お茶は和みのひととき

お茶は和みのひとときを得ることの出来るすばらしい飲み物です。お茶に含まれるカテキンなどの成分が空前の健康茶ブームを沸き起こしています。


結婚式の基礎知識

結婚式の基礎知識として結婚式場選びから結婚式のマナーまで簡単に紹介するサイトです


掃除が楽しくなる、掃除のコツ

掃除が楽しくなるには汚れ落としのコツなどをマスターすることが最短の道です。


ケーキ大好き

ケーキの薀蓄を書きました。バースデー(誕生日)ケーキの由来、ケーキバイキングでの食べ放題など


キャッシングあれこれ

キャッシングする前に、キャッシングの基礎知識を身に付けておきましょう。ご利用は計画的に!です。


ゲームを考察

ゲームというとテレビゲームかパソコンゲームを指す時代になりました。時代のゲームを考察するサイトです。


コーヒー。至福のひととき

コーヒーを美味しくいただくためには新鮮なコーヒー豆を挽くことはもちろん、入れ方にもコツがあります。


津軽三味線は和の心

津軽三味線が最近人気です。津軽三味線とはどんな音楽なのでしょう。津軽三味線を簡単に紹介するサイトです。


マジック〜手軽さが楽しいクローズアップマジック

マジックの醍醐味は人を驚かすことが出来る一点でしょう。特にトランプマジックやコインマジックは身近なテーマのマジックだけに驚きもひときわです。


レシピ。料理の幅が広がる

レシピはあなたの料理のレパートリーを増やすために欠かせないパートナー。


防犯と防災〜グッズと対策を知る

防犯の対策方法を知って、被害を防止しましょう。備えあれば憂いなしです。


住宅に関する豆知識

住宅ローンからリフォーム、構造まで住宅に関する豆知識を紹介しています。


保険のいろいろ知識情報

保険のいろいろな情報を知識として習得ください。自動車保険、生命保険、国民健康保険、損害保険、社会保険、介護保険の情報知識を掲載しています。


ゴルフをはじめよう

ゴルフは紳士のスポーツといわれます。人気のゴルフ場とゴルフ会員権、そしてゴルフクラブについて記したサイトです。


三味線FAQ

三味線は意外と知られているようで知られていない音楽です。三味線に関して良くある質問を集めてみました。


肩こり、腰痛に・・・

肩こり、腰痛に悩まされている方、一読してみてください。


不動産の豆知識

不動産投資のコツからアパート、マンション探しのコツ、話題の土地家屋調査士資格についてまでを記したサイトです。


インターネットでの収入モデル

インターネットで稼ぎを得る方が増えています。インターネットにはどのような収入モデルがあるのでしょう?


あっローン!アットローンのスピードキャッシング申込

アットローンは自動審査5秒回答♪即日融資!限度額は最高300万円とゆとりの大型ローン


全国ラーメン情報博物館

全国のラーメンの一覧。ご希望のラーメンをすばやく探せます。


サプリメントの正しい選び方

サプリメント、健康食品、栄養補助食品の正しい選び方や正しい知識を知ってもらい、悪徳業者にだまされない、健康生活を応援します。


ネイリストになりたい!

ネイリスト、ネイルアートを知りたい人に


フラワーまにあのフラワーギフト

フラワーギフト、かわいい花を大切な人にプレゼントしたい時の参考にして下さい


メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームを知って病気を防ぎ健康な生活をしよう


音楽セラピー♪ミュージックの癒し

音楽セラピー(音楽療法)で癒しのひとときを過ごしませんか。

忙しい毎日にほっとできる時間を持ちましょう


ベジタリアンライフ

ベジタリアン生活を楽しむために


レーシックを受けよう!と思ったら読むページ

レーシック手術を検討中の方のための情報提供サイト。クリニック情報、資料請求先情報、体験談など


電話占いネット・無料限定レポート

電話占いネット企画の無料限定レポートをご紹介


即日キャッシング比較ネット

お申込み当日にお借入可能な即日融資対応の即日キャッシング情報が満載です。


電話占いネット・よくある質問

電話占いネットでよくある質問を紹介しています。


キャッシング申込ネット

キャッシング申込に役立つ情報満載です。ぜひ目的にあったキャッシング申込を探してみてください。


電話占いネット・占い師募集中

電話占いネットは占い師を募集しております。まずはご連絡ください。


低金利キャッシングネット

低金利キャッシングに役立つ情報を厳選紹介!とにかく低金利キャッシング商品を多数集めております。


格安自動車保険 intelli-concepts.com

自動車保険の見直しは、一括見積りだけでは不十分!不要な補償をきちんとカットして格安自動車保険!


クレジットカード spiritmoney.net

クレジットカード!どうせ持つならブランド、キャラクター!心が弾むクレジットカードを集めました!


還元水飲用による健康方法を紹介

世の中で一番簡単な健康法の還元水飲用を紹介するサイトです


【PLC】夢の高速電力通信 コンセントでインターネット!

高速電力通信【PLC】を使えば、普段お家で使っているコンセントからインターネットができるようになります。


比較キャッシングplus、キャッシングを徹底比較!

比較キャッシングplusでは希望にあったキャッシングを見つけるため徹底的に比較します。


マンション購入ガイド マンション購入とリフォームの情報

一級建築士&マンション管理士がお届けする、最新マンション情報とマンション購入ガイド。マンションリフォームのポイントもあります。


相互リンクJAPAN 相互リンク無料登録サイト

アクセスアップやSEO対策、サイトの紹介として、無料でホームページを登録できます。


即日融資、即日キャッシング勉強サイト

無利息、低金利、大手銀行系など、あなたにベストの即日融資、即日キャッシングを勉強するべし!レディース、ウェブ、スピードキャッシング用も充実!


U GOT it! アクセスアップ支援相互リンクサイト

あなたのサイトのアクセスアップを支援します。カテゴリ登録受付中!新着サイトはトップページ表示確実!登録は今すぐ!


ネイリストブログ総合情報サイト ネイリストになりたい方必見のブログです!

ネイリストになりたい方(検定、学校、資格)、ネイリストとして働きたい方(求人、募集)必見のネイリストブログです。


冬物語の豆知識 サッポロビールとその他の冬物語

冬物語についてまとめたサイトです。冬物語と言えばサッポロビールですね。もちろんビールについてもまとめましたが、その他にも漫画や音楽、冬の十和田湖イベントなど色々ありますよ!


美容と暮しの素敵な関係 〜美容な暮しを始めよう!〜

毎日の暮しの中で美容の大敵や美容に良いことなど美容な暮しを楽しむ必見サイトです!





以上です。

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 19:17 | Comment(1) | TrackBack(1) | リンク集

2006年10月12日

株初心者のための相場解説 10/12(日経平均続落、新興市場リバウンド、オプションSQ、NY株安、円安ドル高) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均2日続落
・東証値上がり643、値下がり929、変わらず122
・新興市場リバウンド
・10月物オプションSQ
・外国人投資家大幅売り越し(売り3930万株 買い2780万株)
・米国株式市場反落(NY株安)
・円安ドル高


こんばんは。FPかぶ吉です。

FPかぶ吉の娘が、今日修学旅行から帰宅しました。
本当に楽しかったようで、修学旅行の話をたっぷりと聞かせてもらっています。

今も記事を書く横でお話してくれています。(苦笑)

それではそろそろ今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比31円安の1万6368円でで取引を終了しました。

昨晩の米国株式市場が小幅安であったことや外国人投資家が1000万株を超える売り越し(売り3930万株 買い2780万株)であった事などから売り先行で取引が開始されました。

その後は、このところ堅調な国際優良株が底堅い動きをしたことや企業業績の上方修正期待、新興株市場がリバウンドしたことなどからプラスに転じる局面も見られましたが、後場に入ると明日に控えている10月物のオプションSQの算出を控え、様子見ムードから徐々に利食い売りに押され、ついには日経平均が下げに転じ大引けを迎えました。

どうやら明日のSQや週末要因、更には来週からの米国ハイテク企業の決算が本格化することなどからポジションを取りづらい局面にあるようです。

先日より何度も述べていますが、米国株高、原油安、円安ドル高、企業業績の上方修正期待など東京株式市場にとって好材料が揃っていますが、個人投資家の需給懸念や余り大きくないと思いますが北朝鮮問題などのリスクにより上値をとっていくためには日柄が必要な状況のようです。

北朝鮮問題は、とりあえず国連安保理の北朝鮮制裁決議が採択された段階でどのような動きを示すかに注目です。

●今日の堅調銘柄

・海運株:商船三井、郵船、川崎船、新和海など

・非鉄金属株:菱線工、菱伸銅、三菱マテ、住友チタ、東邦チタなど

・鉄鋼株:新日鉄、合同鉄、大阪製鐵、愛知鋼など

・ノンバンク株:OMCカード、UFJニコス、ジャックス、オリコ、アイフルなど

●今日の軟調銘柄

・大手銀行株:三菱UFJ、みずほ、三井住友、りそななど

・大手証券株:野村HD、大和証、日興CGなど

・薬品株:大正薬、久光薬、エーザイ、アステラス薬など

・ハイテク株:キヤノン、TDK、京セラ、シャープ、NECなど

以上、今日はここまで!! 

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月11日

株初心者のための相場解説 10/11(日経平均反落、日経平均全面安、新興市場大幅続落、NY株高、円安ドル高、地政学的リスク、北朝鮮2度目の核実験実施か?) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均反落
・東証値上がり192、値下がり1467、変わらず38
・東証全面安
・新興市場大幅続落
・外国人投資家買い越し(売り3430万株 買い3830万株)
・米国株式市場堅調(NY株高)
・為替市場円安ドル高
・地政学的リスクの高まり
・北朝鮮2度目の地下核実験実行か?


こんばんは。FPかぶ吉です。

今日は、少し遅くなってしまったのでサクッと行こうと思います。
最近、どんどん記事が長くなりまとまりがなくなっているように思います。
短くても内容が凝縮されたピリッと辛口の記事を目指してがんばります。

では、今日の東京株式紫綬を振り返って見ましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比76円安の1万6400円で取引を終了しました。

朝方は、米国株市場の堅調な事や外国人投資家の買い越し、更には為替相場での円安進行などを好感して買い先行で取引が始まりました。

しかし、会の局面においても前日の高値(1万6620円)を上回る事ができず、上値の重さを露呈してします結果となってしまいました。

その後、ジリジリと値を下げ今日の安値圏で取引を終了しました。

今日の上値を抑えた原因は、どうやら個人投資家のセンチメントの悪化にありそうです。新興市場が大幅に続落しているため、信用買いの評価損益がかなり悪化している模様です。ちなみに松井証券発表のデータでは、10/10時点の評価損益は、−12.87%です。7月末の安値時は、この評価損益が−20%程度で底入れがあったようです。

と言う事は、もう少し評価損益が悪化し個人投資家の損きりの一巡が必要と言う事になります。

FPかぶ吉としては、再三記事に買いていますように今後の業績上方修正期待や円安、原油安などの追い風を考慮すると日経平均の上値余地はまだあると考えています。

これらの事から、東京株式市場の本格的な上昇のためには、もう少し日柄調整が必要かもしれません。

最後に、北朝鮮問題ですが、本日2度目の核実験を行った可能性があるとの報道も一部ありますが、今のところは株式市場には影響が出ていませんので暴発をしないかだけの観察はしておくべきと思いますが特に心配はないと思います。

●今日の堅調銘柄

・自動車株:トヨタ、ホンダ、日産自、マツダ、スズキなど

・海運株:川崎汽船、商船三井など

・通信株:NTT、KDDI、ドコモなど

・薬品株:アステラス薬、エーザイ、塩野義薬など

●今日の軟調銘柄

・ノンバンク株:ジャックス、UFJニコス、オリコ、アイフルなど

・証券株:カブコム、野村HD、大和証、東洋証、丸三証など

・大手銀行株:みずほ、三井住友、りそななど

・鉄鋼株:新日鉄、住金、愛知鋼、神戸鋼、JFEHDなど

・非鉄金属株:住友チタ、東邦チタ、三菱マテ、フジクラなど

・小売株:ダイエー、イオン、キリン堂、西松屋チェ、ドン・キホーテなど

以上、今日はここまで!! 

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | マーケット情報

2006年10月10日

株初心者のための相場解説 10/10(日経平均反発、国際優良株堅調、8月機械受注統計軟調、NY株高、円安ドル高、地政学的リスク、北朝鮮核実験実施) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均反発
・東証値上がり374、値下がり1236、変わらず88
・8月機械受注統計 市場予測を大幅に下回る
・国際優良株堅調
・外国人投資家株数売り越し、金額買い越し(売り3160万株 買い2960万株)
・米国株式市場堅調(NY株高)
・為替市場円安ドル高
・地政学的リスクの高まり
・北朝鮮地下核実験実行


こんばんは。FPかぶ吉です。

皆さん、3連休はいかがお過ごしでしたか?
FPかぶ吉は、土曜日仕事でしたので2連休でした。秋祭りなどもあり結構忙しい日々でした。

この連休中の大きな問題と言えば、北朝鮮の地下核実験の実施だと言えると思います。
先週末にこの連休中にも核実験が行われるかも知れないとの情報がある旨を記事に記載しました。

実際、FPかぶ吉的には、はなはだ疑問だと言いましたが、見事にこれを裏切られる結果となってしまいました。

北朝鮮は、ほんとにどうしようもない国ですね。核実験をして良いわけがありません。アメリカを直接対話のテーブルに引き出すためとの報道もありますが、思うように行くわけありません。

北朝鮮が暴発しないように今後の動きに注意が必要です。
株式市場に対するこの問題の影響については、後ほど記載しようと思います。

では、今日の東京株式市場を振り返って見ましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比41円高の1万6477円で取引を終了しました。小幅高です。また、この水準は約5ヶ月ぶりです。

寄り付きは、北朝鮮の地下核実験の実施を嫌気して大きく売り越しで売買が開始されました。一時は、日経平均が前日比100円超下落する局面も見られましたが、日経平均に大口のまとまった買いが入ったことをきっかけとして、すぐに切り返し16500円台を回復する局面も見られました。

その後は、午後に8月機械受注統計の発表を控えている事もあり揉み合いとなりました。
後場に入り入る先物主導で何故か一段高の展開となり日経平均が184円高の16620円まで上昇する局面も見られました。

しかし、14時過ぎに8月機械受注統計が発表されると市場の様子は一変してしまいました。8月機械受注統計の結果が、市場予想(+11%程度)を大幅に下回る+6.7%に留まったことで失望売りを誘い、大幅な下落となってしまいました。

結果は、何とか日経平均・TOPIX共に何とかプラス圏をキープしての大引けとなりました。

幸い、大引けでは日経平均・TOPIX共にプラス圏で取引を終了しましたが、本日の値下がり銘柄が東証全体で70%を超えており、何とも違和感のある相場となってしまいました。

今の東京株式市場は、外国人投資家が株数ベースでは売りこしているものの、売買代金ベースでは買い越していることやNY株高や為替相場が1ドル=119円台、1ユーロ=150円台の円安となっている事、更には企業決算の上方修正期待など追い風が吹いていると思います。

しかし、現状は国際優良銘柄のだけが相場を牽引している形となっており、何とも方向性のない相場展開となっています。

なんとか、TOPIX型の上昇相場に移行してもらいたいものですが、そこにいたるまでには少し時間が必要に思います。

新興市場がまだまだ惨憺たる相場となっており、個人投資家の許容限界もそろそろ上限に達してきているように思います。
そのため、TOPIX型の上昇相場に移行するためには日柄が必要ではないかと考えます。

とりあえず、今のところは為替市場の円安を背景として日経平均の牽引役である国際優良株の売買でしのいでいく事が無難と思います。

最後に、北朝鮮の相場に与える影響についてFPかぶ吉の考えを記載しておきます。

この問題については、今日の相場を見る限り東京株式市場に大きな影響を与える事はないと思います。
事実、大手証券会社のヒヤリングでも影響は限定的との見方が大勢を占めており間違いの無い事だと思います。

ただ、今まで北朝鮮を見守ってきた中国・ロシアが北朝鮮をかばいきれなくなった時に北朝鮮が暴発しないかだけを気をつけておかなければならないと思います。

万が一、日本海に向けて再度ミサイルを発射するような事態に陥ったときには東京株式市場に対する影響も大きなものとなる可能性があります。

今後の北朝鮮の動きには注意が必要です!


●今日の堅調銘柄

・主力ハイテク株:キヤノン、シャープ、京セラ、東芝、松下電産、日立など

・石油株:新日鉱HD、AOCHD、新日石、コスモ石など

・資源開発株:石油資源、国際帝石、ガス開など

・大手銀行株:三菱UFJ、みずほ、三井住友など

・地銀株:ほくほく、愛知銀、大分銀、第四銀など

・薬品株:アステラス薬、エーザイ、ツムラ、武田薬など


●今日の軟調銘柄

・ノンバンク株:ジャックス、イオンクレ、UFJニコス、オリコ、クレセゾン、武富士、プロミスなど

・証券株:カブコム、マネックスBHD、新光証、岡三証など

・小売株:イオン、ダイエー、西友など

・機械株:アマノ、CKD、SMC、コマツなど

以上、今日はここまで!! 

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:28 | Comment(1) | TrackBack(2) | マーケット情報

2006年10月06日

株初心者のための相場解説 10/6(日経平均小幅反落、国際優良株堅調、米国9月雇用統計発表、週明け 国内8月機械受注発表、NYダウ史上最高値更新) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均小幅反落
・東証値上がり364、値下がり1248、変わらず85
・10/10 8月機械受注統計発表
・国際優良株堅調
・外国人投資家売り買い均衡(売り3450万株 買い3470万株)
・NYダウ史上最高値更新
・今晩、9月米国雇用統計発表


こんばんは。FPかぶ吉です。

今週の株式市場は、なかなかでしたね。
これから年末にかけての相場を期待したいと思います。

さて、今日の東京株式市場はどうしたでしょうか?

早速振り返って見ましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比13円安の1万6436円で取引を終了しました。小反落です。

昨晩の米国株が3日続伸であったものの、昨日の大幅な日経平均の上昇の翌日と言う事もあって様子見で取引が始まりました。

その後も東京株式市場は底堅い動きをしていましたが、今晩には9月の米国雇用統計の発表がある事や、3連休を控えての週末要因、更には週明け10日に予定されている8月の機械受注統計の発表などもあり様子見感の強い一日となりました。

また、市場関係者の間にはこの週末にも北朝鮮が核実験を行うかもしれないとの警戒感があり(FPかぶ吉的にははなはだ疑問ですが・・・)積極的な商いが敬遠され小幅安で取引が終了しています。

気になる事は、来週の東京株式市場の見通しになると思いますが、これはとりあえずこの3連休中の米国株市場の動きに左右されるものと思われます。

米国株市場は軟着陸する可能性が強いと考えられ下値不安は余り無いと考えても良いと思います。国内要因については、来週早々に8月の機械受注統計が発表されますが、先日の日銀短観を見る限りではこれも大きな波乱要因にはならないと思われます。

従って、4月の高値信用期日の通過も無事通過し需給懸念も徐々に解消されると予想される事から、もちろん一本調子の上昇は無いと考えられるものの比較的年末に向かって良好な相場環境ができてくるものと考えています。

ただ、少し心配される事は、現在の日経225優位の相場展開が続く事で、日経平均の堅調さに比較し個人投資家の保有銘柄のパフォーマンスが上がらず、煮え切らない相場展開が続く事だと思います。

できる事ならば、早々にでもTOPIX型への銘柄のシフトがおこり、全員参加型の相場展開になる事を望んでいます。

とりあえず、いまは主力銘柄の循環物色を行い、その後中間決算の業績上方修正銘柄を先取りすると言った作戦が有効ではないかと思います。


●今日の堅調銘柄

・証券株:カブコム、大和証、野村HD、日興CGなど

・大手銀行株:三菱UFJ、三井住友、みずほなど

・不動産株:クリード、ダイビル、菱地所、大京、東建物など

・鉄鋼株:太平金、新日鉄、JFEHD、日立金など

・自動車株:トヨタ、日産自、ホンダ、ダイハツ、マツダなど

●今日の軟調銘柄

・化学株:日触媒、住友化、東亜合成、東ソー、ゼオンなど

・水産株:日水、極洋、ニチロ、マルハ本など

・主力ハイテク株:キヤノン、京セラ、東芝、松下電産、シャープなど

・小売株:イオン、ダイエー、三越、ファストリテなど

以上、今日はここまで!! 良い週末をお過ごし下さい!!

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月05日

株初心者のための相場解説 10/5(日経平均大幅反発、日経平均全面高、日経平均直近高値更新、信用買い残4兆円割、国際優良株堅調、NYダウ史上最高値更新) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均大幅反発
・日経平均直近高値更新
・日経平均全面高
・東証値上がり1409、値下がり217、変わらず70
・信用買い残4兆円割れ
・国際優良株堅調
・外国人投資家売り越し(売り3330万株 買い2910万株)
・NYダウ史上最高値更新


こんばんは。FPかぶ吉です。

今日は、久しぶりに東京株式市場の解説を楽しくできそうです。
それは何故か・・・・。

早速、今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比366円高の1万6449円で取引を終了しました。今年9番目の上げ幅です。

寄り付きは、昨晩の米国株市場(NYダウ)がバーナンキFRB議長の発言により金利上昇懸念が後退したことにより大幅高(123ドル高)を演じた事から日本株の出遅れ感が台頭し買い先行で取引が始まりました。

ここでは、下半期入りした事もあり機関投資家が動きやすくなり国際優良株中心に買いが入り、ほぼ全面高の展開になりました。

その後、日経平均が直近高値(9月4日:16414円)に近づくと昨日同様に揉み合いとなりました。

後場に入ると、先物に大口の買いが入ったことをきっかけとして日経平均が急伸し直近高値を一気に上にブレークしここから売り方の買い戻し等を巻き込み大幅高で取引を終了しました。

本日の売買高は、2兆7677億円と商いも膨らみました。

昨日の記事にも示しました通り、昨日の下落は北朝鮮問題をはじめとする地政学的リスクの増大でもなんでもなく、先物主導の売りであったと言う事です。

そして、今日はめでたく直近高値も一気にクリアーしました。

と言う事は、テクニカル的には非常に先高感の高いチャート展開になっています。

需給面を見ても先日から再三述べていました4月高値の信用期日も今週末で通過します。また、10/3発表の信用買い残も6週間ぶりに4兆円を割り込んでいます。

更に、財務省が発表した先週の対内株式投資では、4480億円の資金が流入しており外国人が大量に日本株を買っている事実もありました。

更に更に付け加えるなら、日銀短観により国内景気の先行き懸念が払拭された事、米国株高(NYダウ史上最高値更新中)、円安、原油安・・・・・

好材料のオンパレードです。

やっと日本株市場も明るくなってきました。今後の日経平均に期待しましょう。

最後にノー天気になりすぎる事を自重する意味を含め、少しだけマイナス材料を記載しておきます。

それは、今回の上昇は主力大型株以外はそれほど強い動きを見せておらず、日経平均的には大幅高となっていますが、昨日の高値水準を本日上回れなかった銘柄も多く見られます。

日経平均的には非常に強い動きを見せていますが、市場全体を見てみると不安感も残っていると言う事を忘れないようにしておいてください。


●今日の堅調銘柄

・証券株:野村HD、日興CG、大和証、カブコムなど

・自動車株:トヨタ、日産自、ホンダ、ダイハツ、マツダなど

・タイヤ株:ブリヂストン、浜ゴム、洋ゴムなど

・ハイテク株:キヤノン、NEC、TDK、京セラ、オリンパス、ニコン、       HOYA、など

・生損保株:ミレアHD、日本興亜、T&DHD、あいおいなど

●今日の軟調銘柄

・特になし!で良いでしょう!!

以上、今日はここまで!! 

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月04日

株初心者のための相場解説 10/4(日経平均大幅続落、日経平均16000円台保持、地政学的リスクの高まり、NYダウ史上最高値更新) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均大幅続落
・日経平均16000円台かろうじて保持
・日経平均利益確定売り
・東証値上がり187、値下がり1459、変わらず49
・地政学的リスク(北朝鮮の核実験実施声明)
・外国人投資家買い越し(売り2790万株 買い3070万株)
・NYダウ史上最高値更新
・アジア主要株価指数下落


こんばんは。FPかぶ吉です。

早速、今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比159円安の1万6082円で取引を終了しました。大幅続落です。

朝方の東京市場は、昨晩のNYダウが史上最高値を更新した事や外国人投資家が買い越しであった事などをうけ買い先行で取引が始まりました。

その後、更に先物主導で急伸すると内需関連株にまで買いが波及し、日経平均株価が前日比121円高まで上昇する局面も見られました。

しかし、この上昇が9月高値(16414円)に届かない事を確認すると、今度は反対に売り圧力が高まり、朝方には特に問題視されていなかった北朝鮮の核実験予告声明による地政学的なリスクの高まりに懸念する声も出だし相場の状況が一変しました。

その後は、売り売りモードで大引けまで下落を続け取引終了となりました。

本日の下落原因を考えてみると、市場参加者の多くは北朝鮮の核実験予告表明による地政学的リスクの高まりであると言う意見が多く聞こえました。

また、その他の理由として日経平均が直近の9月高値(16414円)を抜く事ができなかったための失望売りであるとの声も聞かれます。

FPかぶ吉としては、確かにこのような要因もあるとは思いますが、実際今日の相場で下落を強めた直接の原因は、先物主導でまとまった売りが出たため、上値の重さを嫌がっていた目先筋の売りを呼び込む結果になったのではないかと思います。

結果、つじつまあわせとして北朝鮮問題を挙げているように思えます。

北朝鮮問題は、現実的には威嚇しているだけに過ぎないと思われ、得意の瀬戸際外交の一つとしか思えません。

この問題が相場に影響を及ぼすときは、本当に核実験が行われたときではないでしょうか?

つまり、この問題は、上値抑制要因になる可能性はありますが、これ以上の下落要因としては考える必要は無い様に思います。

ということで、今後の日経平均を考えると国内の好調なマクロ環境や米国株高、更には原油安などの好材料が目白押しです。

反対に悪材料は、米国株が史上最高値をつけたことによる高値波乱程度だと思います。

明日以降、地政学的リスク(北朝鮮問題)の高まりによる下落という理由付けをしなくても良いような相場展開を期待したいと思います。

具体的には、日経平均16000円どころでの反発を期待して明日の相場をまとうと思います。

●今日の堅調銘柄

・ゴム製品株:ブリヂストン、浜ゴム、住友ゴムなど

・不動産株:菱地所、NTT都市、東急不、三井不など

●今日の軟調銘柄

・石油株:新日鉱HD、コスモ石、新日石、AOCHDなど

・大手商社株:三井物産、三菱商、住友商、伊藤忠、丸紅など

・水産株:日水、マルハ本、極洋、ニチロなど

・鉄鋼株:新日鉄、住金、神戸鋼、JFEHD、愛知鋼など

・非鉄金属株:住友鉱、東邦鉛、住友チタ、東邦チタ、三井金など

以上、今日はここまで!! 

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月03日

株初心者のための相場解説 10/3(日経平均小幅反落、日経平均16200円台保持、日経平均高値警戒感、米国株続落) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均5営業日ぶり小幅反落
・日経平均16200円台保持
・日経平均高値警戒感
・東証値上がり492、値下がり1069、変わらず132
・野村不動産HD上場
・外国人投資家売り越し(売り:3470万株 買い:3110万株)
・米国株続落


こんばんは。FPかぶ吉です。

まだ体調がすぐれません。今日もサクッと行こうと思います。(と言いながらもいつも結構長いのですが・・・・・笑)

では、今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比12円安の1万6242円で取引を終了しました。小幅安です。ほとんど変わらずと言った方が良いかも?

昨晩の米国株安に加えここ4日間で日経平均が696円も上げていることから上昇ピッチの速さから高値警戒感が出た事などが背景になり売り先行で取引が開始されました。

しかし、売り一巡後は昨日の日銀短観の発表内容などに見られる国内景況感の改善が見られることなどから底堅い展開を示し膠着感の強い相場となっています。

結果、後場では先物主導で主力大型株を買い戻される動きもありましたが、上値を買いあがる動きも無く揉み合いが続き小幅安で取引を終了しました。

今日の相場展開を見ていて今日本株は踊り場に差し掛かっているようにFPかぶ吉は思いました。

実際、ここ数日の日経平均の上げは、ピッチが早く高値警戒感が出てきても止むを得ないように思います。

しかし、日銀短観などから見られるように国内の景況感の改善も確実に見られます。

これらの事から、非常に方向性が出にくい相場展開となっており、ここは様子見が賢明かと思います。

気持ち的には、揉み合いの後上に抜けると信じていますが、先日来お伝えしています4月高値期日やラマダン入りに伴うオイルマネーの減少など需給不安もあります。

ですので、ここは9月高値レベルの16400円を抜けてくるようだと強気、16000円を割り込むようだと弱気という風に判断して少し様子見が賢明かもしれません。

いずれにせよ方向性は米国株頼みと言う面が強く、外国人投資家の買いが入ってこないうちは揉み合い相場が続く可能性も有りかと思います。


●今日の堅調銘柄

・薬品株:小野薬、大日住薬、エーザイ、武田薬など

・通信株:ソフトバンク、KDDI、ドコモなど

●今日の軟調銘柄

・紙・パルプ株:日本紙、大王紙、紀州紙、王子紙、北越紙など

・鉄鋼株:新日鉄、神戸鋼、JFEHD、東製鐵、山特鋼など

・商社株:菱商事、伊藤忠、住友商、丸紅、三井物産など

・海運株:乾汽船、郵船、商船三井、川崎船、明治船など

・倉庫株:三菱倉、安田倉、住友倉など

以上、今日はここまで!! 

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年10月02日

株初心者のための相場解説 10/2(日経平均4日続伸、日経平均16200円台回復、日銀短観事前予想を上回る、大企業製造業DIプラス24、NYダウ5営業日ぶり反落) FPかぶ吉

最新ブログランキング!
  ↓  ↓



●今日のキーワード
・日経平均4日続伸
・日経平均16200円台回復
・東証値上がり1111、値下がり461、変わらず116
・日銀短観事前予想を上回る
・大企業製造業DIプラス24
・外国人投資家買い越し(売り:3930万株 買い:4170万株)
・名実共に下半期入り
・米国株5営業日ぶり反落


こんばんは。FPかぶ吉です。

今日は、朝から頭痛に悩まされています。最近は、日中と朝晩の寒暖差が大きくなってきました。少し風邪気味のようです。

早く布団に入ろうと思いますので、サクッと行こうと思います。
ご了承下さい。

では、今日の東京株式市場を振り返って行きましょう!!

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末比126円高の1万6254円で取引を終了しました。4日連続高で16200円を回復です。

寄り付き前に発表された9月の日銀短観の大企業製造業DIがプラス24と市場のコンセンサスを3ポイント上回り、2期連続の改善となった事を好感して買い先行で取引が始まりました。

買い一巡後は戻り売りに押され揉み合いとなりましたが下落せず前場中頃より先物主導で急進し後場も堅調に推移しました。

大引けには若干上げ幅を縮小しましたが一日堅調な相場であったと思います。

先週末のFPかぶ吉の淡い期待が現実となり非常に気分が良いです。(頭痛とは別ですよ!)

実際、日銀短観の大企業製造DIが上ブレし、本日より名実共に下半期入りした事も重なり機関投資家や証券会社の自己売買部門が動きやすくなった事、外国人投資家が買い越しにスタンスを移した事など先行きの東京株式市場に明かりがさして来たものと思われます。

さらに、楽観的に考えればこの日銀短観結果から高水準の設備投資計画に加え、企業の人手不足感も加わり、景気拡大が続いているものと思われます。

これらの事から、中間決済発表時の業績上方修正期待が高まり、堅調な相場が期待できるのではないかと思われます。

ただし、市場関係者の中にはまだまだ慎重に行くべきとの考えを述べる方もおり、先週末の記事にも記載した需給と言う面での4月の高値期日による需給懸念のほか、ラマダン入りによるオイルマネー流入減少、野村不動産HDなど大型IPOなども控えているため、調整相場入りの危険性がまだ消えていないと言う事を頭の隅にでも置いておく必要はあるかと思います。

いずれにせよ、FPかぶ吉としては、米国株市場に波乱が起きなければしばらくは東京株式市場は堅調に推移すると思いますので少しは期待して市場に参加しても良いと思います。

面白そうなところでは、コマツ、日立建機など中国関連銘柄に注目してみてはいかがでしょうか?

安倍総理の中国訪問に伴うアジア外交の改善期待から人気となっています。
実際に訪中する8日までの短期で売買してみるのも面白いかもしれません。

訪中結果次第によっては息の長い相場になる可能性も否定できないと思います。

●今日の堅調銘柄

・自動車株:トヨタ、ホンダ、スズキ、マツダ、ダイハツなど

・ハイテク株:キヤノン、京セラ、TDK、シャープなど

・不動産株:小田急不、菱地所、住友不、東建物、三井不など

・倉庫株:住友倉、三菱倉、三井倉、安田倉、渋澤倉など


●今日の軟調銘柄

・証券株:大和証、日興CG、カブコム、マネックスBHDなど

・ノンバンク株:UFJニコス、イオンクレ、OMCカード、アコム、アイフル、プロミ スなど

以上、今日はここまで!! 

スポンサードリンク

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | マーケット情報
Copyright(C)2006 byFPが語る株式投資儲けのヒント All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。