記事インデックス
★証券口座開設はこちらから★
↓     ↓     ↓
ただいま工事中
 
★おすすめ株式商材
★カテゴリー
ごあいさつ
マーケット情報
気になる銘柄
初心者のための株式用語解説
稼ぎのヒント
日記
リンク記事
★過去ログ
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
★お薦めFP情報
★相互リンク
初心者のための情報起業戦略
のら猫アフィリエイト
情報起業家多事総論
無料小冊子、レポート裏情報暴露
サル・XLの相場日記
株初心者のネット株取引基礎講座
★最強情報商材
インスタントブログアフィリエイト
インスタントブログお薦め情報
インスタントブログアフィリ特典

2006年05月31日

日経平均株価 大幅続落 マザーズ ヘラクレス安値更新 米国株大幅安 インド株5%下落

こんばんは。かぶ吉@FPです。

昨日は、出張のため記事をアップできずにすみませんでした。
先ほど、出張先より帰宅し早速記事を書いています。

では、早速始めますね。

本日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比392円安の1万5467円で取引を終了しました。これは、今年5番目の大幅下落です。

前場は、前日の米国株式が景気減速懸念からの大幅下落となった事とここ最近見慣れてしまった外国人の売り越し(売り4000万株 買い3640万株)を原因として、朝方から幅広い銘柄に売りが先行しました。

そして、お昼休みには、どうやら後場にリバウンドがあるらしいとの情報を得ましたが、結局それらしい動きも得意になく、更に追い討ちをかけるようにインド株の5%下落、為替が円高に振れてきたことなどからリバウンドも無く終了しました。

実は、かぶ吉@FPとしては、ひそかに期待していたMSCIに絡んだ売買も本日大引け近くにありましたが、それまでの下げがきついため、日経平均は安値から20円程度のリバウンド??しかありませんでした。

本日の下落がセリングクライマックスかもしれないと言う市場関係者もあり、かぶ吉@FPとしては、それを期待したいと思いますが、期待が裏切られる確立のほうが高いようにも感じます。

マザーズやヘラクレスといった新興市場の下落も止まらず、安値更新が続いていますので、少なくともこれらの新興市場の底打ちが見えてくる時点まで、『様子見スタンス』が賢明と思います。

かぶ吉@FPとしては、良いときだけ相場に参加すればよいのですから、6月はサッカーのドイツワールドカップ観戦に熱をいれ、相場はほどほどにしようと思っています。

信用で売っている方は、ウハウハでしょうね。でも傷を負う前にほどほどにしておいたほうが良いと重います。

日経平均の節目と見られていた15500円を本日割りましたが、次に意識される2/20のざら場安値15389円で反発する可能性もありますので、売りの方も慎重にしてください。

では、今日はこの辺で・・・・・。


FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年05月29日

新興市場 マザーズ ヘラクレス市場 年初来安値更新 日経平均株価下落

こんばんは。かぶ吉@FPです。

本日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末比55円安の1万5915円で取引を終了しました。

朝方は、週末の米国株が堅調であったために買いが先行し、一時16000円台に乗せました。

しかし、上値の重さが確認されたことや新興市場(マザーズ、ヘラクレス)が2月以来の年初来安値を更新したことを受けて、投資家の心理が冷え込み下落に転じてしまいました。

先週末の引け際の強さや米国株高、日経平均株価16000円乗せなど底打ちのシグナルが揃ったかのように思われましたが、上記理由によりはかなくも打ち砕かれてしまった状況です。

東証1部の売買代金は前週末比15.7%減の1.98兆円に落ち込み、約1ヵ月ぶりに2兆円の大台割れ(5月1日、1.92兆円以来)と商いも細ってしまっています。

かぶ吉@FPとしては、朝方の状況からどうやら日本株も底を打ったかと思いましたが、その後の動きを見ますとどうやら、まだこれから下値を模索する動きとなる可能性が出てきてしまいました。

また、外国人投資家が先物市場で、直近2週合計1兆512億円の売り越しをしており、損失を抱える個人投資家に加え、外国人投資家の売り基調も鮮明になってきています。

以上のような状況から、かぶ吉@FPとしてはここから株価が再度下値を試すことになるものと考えられ、先日から下値目処として取り上げている15500円を死守できるかに注目していきたいと思います。

但し、一旦株価が上昇していることがかえってこの壁を消滅させている可能性もありますので、注意してください。

明日以降もまだまだ『様子見のスタンス』で臨むのが良いと思います。

話は、変わって短期的な銘柄情報を少し・・・・

先日、27日にインドネシアのジャワ島中部で大地震が発生し、建機株には復興需要関連として目先筋の買いが集まっていますので、コマツ、日立建機、東芝機械、ナブテスコといった銘柄を注目してみてはいかがでしょうか?

但し、これは目先筋の動きですから、すばやい対応が必要となります。もし手がけられる方がいましたら、くれぐれも注意を怠らないようにしてください!

インドネシアの方々のことを考えるとこんなことを記載するのは心が痛みます。ですのでこの動きに共感できない方は見なかったことにしておいてください。お願いいたします。
では、今日はここまで・・・・・。

追伸:明日、明後日もまた出張予定です。明後日、もし早く帰宅できましたら記事をアップするようがんばります。色々とご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:46 | Comment(1) | TrackBack(1) | マーケット情報

2006年05月27日

アジア株 米国株 欧州株軟調 外国人の大幅売り越し 来週の日経平均株価は

こんばんは。かぶ吉@FPです。

2日ぶりの配信です。先ほど、出張から帰宅しました。かなりお疲れモードです。
しかし、明日も仕事です。かぶ吉にとって、今は疲れたと言っている余裕はありません。
過労で倒れないようにユンケルでも飲んでがんばります!

さて、木・金の東京株式市場の概況を振り返ってみますと・・・・。
まぁ、下に上にと派手な相場でしたね。

木曜日は、外国人が売り越し(売り4020万株 買い2890万株)であったことやアジア株が軟調であったこと、更には前日の日経平均の大幅上昇に対する戻り売りなどから日経平均株価が前日比213円安の1万5693円で取引を終了しています。

金曜日はどうだったかというと、相変わらず外国人は売り越し(売り4810万株 買い2770万株)ていますが、前日の米国株や欧州、アジア株などが堅調であったことや朝方発表された消費者物価指数(CPI)が0.5%上昇と予想通りであったこと(早期ゼロ金利解除懸念が後退)から日経平均株価が前日比277円高の1万5970円で取引を終了しました。

非常に激しい値動きが続いていますね。なんと日経平均株価は、5日連続で200円を超える振り幅を見せています。

現在は、非常に不安定な相場環境にありますのでこれから月末にかけても神経質な値動きとなるものと思われます。

まだまだ、明るい相場環境になるためには日柄が必要と思われます。

そして、外国人の動きにも注意をしておいてください。
先日、東証より発表された5月第3週(15−19日)における外国人の売り越し金額は3597億円と、その前の週の831億円に対して4倍以上に拡大しました。

これが何を意味しているのかと言うことですが・・・・・

市場関係者によると『5月はヘッジファンドの決算月で、金利高を背景に日本株にも解約売りなどが出たもよう。ただ、5月の受け渡しは明日26日が最終売買日。売りは一服するのではないか』との意見もあり、この話が真実であることを祈りたいと思います。

もし、そーでないとすれば、まだまだ日本株は下値余地が大きいと思われますので、この売り越しに買い向かった個人が痛手を負うことになってしまいます。今でさえ十分損失を抱えている方も多いと思いますので、これ以上の市場退場者を出さないためにも外国人の日本株売りがとまることを祈っています。

それと外国人つながりでもう一つ!

最近の日本株の相場環境はアジア株の影響をうけたと言う報道を目にするようになってきたと思います。

このアジア株というのは中国や香港など色々ありますが、かぶ吉@FPはこれから特にインド株市場に注目してみようと思います。それは、インド株市場が日本市場の後場から開始されるため、先物市場ではリアルタイムの値動きに敏感に反応しおり、週末の日経平均もインド株式が続伸して始まった時間帯から上昇基調を強めていました。

米国株や欧州株は、日本市場が閉まっている夜間に取引されるため、リアルタイムに影響は受けません(一晩持ち越すリスクは発生します。)が、インド株は、先週の相場を見ている限りでは、リアルタイムに影響を受けるようです。

ですので、特にデイトレの方などはインド株市場の動きにも注意を払っていくと良いのではないかと思います。

以上、今日はこんなところで・・・。では、良い週末をお過ごしください。

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(4) | マーケット情報

2006年05月24日

日経平均株価は、底打ち?あや戻し?どちらか! 外国人大幅買い越し 原油相場上昇

こんばんは。かぶ吉@FPです。

本日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比308円高の1万5907円で取引を終了しました。

やっと、反発してくれました。何と308円という大幅上昇です。

とは言うものの、ここ2日間の下落幅が556円もありますので、大幅反発と見出しは出したいのですがあくまでリバウンドの域を出ていないように思います。

そして、今日の反発の理由は何かと色々考えていましたが、正直売られすぎとなっていた東京株のリバウンドと言ったこと以外に良くわかりません。

色々と情報を検索してみるも、先日も記事に書いたように目先の下値目処である15500円近辺での底堅さや外国人の大幅買い越し(売り2940万株 買い5020万株)程度しか材料はないようです。

昨日の売り材料が本日の買い材料となることが日常茶飯事である株式相場の事ですから、まぁこんなもんでしょうと思います。

原油相場の上昇が株式相場のプラス要因と言われる日があったかと思うとマイナス要因として捉えられる日があるわけですから・・・・。

ですから、単発の材料では判断できず同じ一つの材料に対してもその材料そのものの軸と時間軸の2軸からどのような判断がなされるかを考えていく必要性があるわけです。

このような不安定な相場環境のいま、明日以降どのような点に注意をしていく必要性があるかということですが、テクニカル的に考えてみますと今まで上値の抵抗線として機能(邪魔)していた5日移動平均線を上にブレイクすることができるかどうかということだと思います。

上にブレイクできればリバウンドが継続していく可能性が徐々に高まっていくものと考えられますし、もし跳ね返されるような事があれば、今日の反発はあや戻しと考えられ再び下値を試しに行く展開となるように思います。

相場環境が非常に不安定な状況であるため、相場参加者の気持ちを表しているテクニカル分析でこのような場を乗り切るしかないように思います。

決して足元の日本経済は悪くありませんので、早期の上昇相場を信じていまは、相場見物と洒落こみたいと思います。
つまり、昨日とスタンスに変更は無しということです。

では、この辺で・・・・・。

PS:明日、明後日は出張のため記事の更新ができないと思います。また週末にでもお会いしましょう!

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:21 | Comment(1) | TrackBack(1) | マーケット情報

2006年05月23日

日経平均株価続落 外国人大幅売り越し 世界株安 下値模索

こんばんは。かぶ吉@FPです。

いったいどーなってるんだー!!と叫びたいのが今の株式相場ですね。こんなに下げているのにまだ底入れシグナルが見えない。まるで底なし沼に入り込んでしまったようです。
そんなところに、米国・欧州・インド・香港・・・・の世界同時株安の様相。踏んだり蹴ったりとはまさにこのことです。

世界が本当に近く(小さく)なって来たことを実感するかぶ吉@FPでした。

さて、今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比258円安の1万5599円で取引を終了しました。

ついにサイコロが3勝9敗となりました。本日の下落は、米国株が再び下落したことや寄り付き前の外国人が何と3160万株の大幅売り越し(売り5420万株 買い1810万株)となったことから売り相場がスタートし、さらに三菱UFJの売り出し発表がとどめをさしたもの思います。

米国株の下落と外国人の大幅売りこしが東京株式市場にマイナスとなることは説明が要らないと思いますが、三菱UFJについては少し解説が必要かと思いますので解説しておきます。

つまり、個人投資家へ売り出しを開始すると言うことは、浮動株増加による需給悪化懸念が強まるため、内需株を代表する三菱UFJの需給懸念が内需株全般へ連想され悪影響が及ぶ形となってしまったと言うことだと思います。

現在は、内需、外需(輸出関連)の双方が足を引っ張る形となっており、それに加え信用買い方の追い証に伴う投げも加速しており、需給は最悪の状態にあると思われます。

こんな状況ですから、昨日記載した当面の下値目処も今日すでに目前と迫り、かなり厳しい状況となってきました。

いまは、底入れがいつくるのかを注意深く見守り、それまでは動かないことが一番の得策とかぶ吉@FPは思います。

かなり厳しい相場状況ですが、必ずいつか底入れはやってきますので、それまではじっとしている事だと思います。底入れは、もう少し先のように思いますが・・・・・。

では、今日はここまで・・・・・。

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年05月22日

日経平均16000円割れ リバウンドは何時か? 先物先導による急落

こんばんは。かぶ吉@FPです。

本日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末比297円安の1万5857円で取引を終了しました。

いったいどこまで下落していくのでしょうか?
もういい加減にしてくれ!との声があちこちから聞こえてくるように思います。

本当にかぶ吉@FPも頭をかかえています。

だって、明るい記事が配信できないんですよ!記事を書く事が楽しくないじゃないですか。(冷汗)こんなときでも、記事を書き続けることが、かぶ吉@FPの使命だと信じて書き続けますので、皆さんも遊びに来てくださいね。

と愚痴はここまでにして、今日の相場を振り返ってみましょう。

今日の東京株式市場は、前場と後場では全く違う様相を示しました。

前場は、前週末の米国株が高かったことや為替が円安方向に振れたこと、さらに外国人投資家が8日ぶりに買い越しをしてきたことで、一時日経平均が100円をこす上げ幅となり、東京株式市場に底入れの兆しが見えたかの様に思えました。

しかし、上値も相当に重く、先週の下落相場で逃げ送れた投資家の戻り売り攻勢にあっていたようでした。

とりあえず、このまま今日を終わってくれれば、日経平均で16000円が底で明日からのリバウンド相場に期待が少し持てるかなと思っていました。

ところがその期待もむなしく後場に入ってみると相場は一変し、息つく暇もないくらいの急落を見せてくれました。

どうもこの急落は、日経平均先物6月物への仕掛け売りが大きな原因のようで、これに導かれるように現物株の売りも誘われたと見るのが妥当のようです。

この結果、テクニカル的にも大陰線が出現し、弱気のつつみ足が出現てしまいました。
このことは、下落相場が継続していることを示唆しており、まだまだ下値不安の強いチャート形状となっています。

ということで、今後の東京株式市場はどのよになるのでしょうか?

かぶ吉@FPは、こう考えます。

本日、終値ペースで16000円割れ、特に押し目買いの動きも見られなかったことから、明日以降も調整色を強めるのであろうと思います。

今の段階では、とりあえず下値目処として3月8日の15553円、2月20日の15389円が下値として意識されそうです。

これを下にブレークするようなことがあると・・・・・・。

今は、考えたくないので考えないようにします。とっても恐ろしいことが起こりそうですので・・・・・。

まぁそうならないことを祈って、明日の相場と向き合うこととしましょう。

スタンスは、前から言っているように『休むも相場』を継続しましょう。
もちろん、信用売りのできる方は、売りスタンスでよいかと思いますが、ここまで下がっているので安易な売りは慎んだほうが良いかと思います。

以前は、打診買いも注意深くすれば良いかもといっていましたが、とりあえず打診買いも控えて方向性が見えてからの方が無難なように思います。

以上、今日はここまで・・・・・

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年05月20日

GDP前期比年率1.9% 日経平均株価小反発 海外投資家日本株保有比率減少 来週の株式市場はどうなる!

こんばんは。かぶ吉@FPです。

昨日は、諸事情がありまして(飲み会です!)記事を配信できませんでした。
どーもすみません。。

ですので、今日は昨日(5/19)の東京株式市場を振り返り、そして来週の東京株式市場についてすこし考察をしていきたいと思います。

では、はじまりはじまり・・・・

5/19の東京株式市場は、日経平均株価が前日比68円高の1万6155円で取引を終了しました。

本日の表題にも書いたとおり小反発です。

この小反発は取引開始前に発表となった1〜3月期の実質国内総生産(GDP)が前期比プラス0.5%、年率換算でプラス1.9%と市場の事前予想を上回る伸びとなった事が大きかったと思います。

また、この結果の解釈として予想を上回ったもののしかもインフレの兆しも見えないとされたことからゼロ金利解除の時期も遠のくのではないかとの思惑もあり底堅い動きとなったものと思われます。

しかし、連日の大きな下落幅に比べ、反発はほんとに小さいように感じます。
ですので、まだまだ東京株式市場の底入れは見えないようにかぶ吉@FPは思います。

では、来週からの東京株式市場はどのように動いていくのでしょうか?

かぶ吉@FPはこう思います。

それは、、、、、

来週の株式市場は、急ピッチの下落を受け自律反発の動きがあるように思います。
円高にも一服感が見られ、また米国株安や原油価格などの外部要因には注意を要すると思いますが、様々なテクニカル指標が底打ちを示していることからも自立反発を期待したいと思います。

しかし、あくまでも自立反発の粋を超えず、日経平均が上昇基調を取り戻すのはもう少し先のように思います。

また、市場関係者の中には日経平均株価も17563円をピークとして下げに入ったとのコメントも見受けられますので注意が必要と思います。

もう一つ、日経平均の先行きに暗雲を招きそうな事柄がありますので紹介しますと・・・
@クレディスイスが日本株保有比率を10%から6%に低下させた事Aメリルリンチによる機関投資家調査で今後1年間に日本株を最もオーバーウェイトしたいという世界の投資家は4月の27%から5月には21%に減っている事B今後日本株を増やすという投資家は7%から1%に減るなど、

海外投資家の投資行動に変化がみられていることも調整ムードを強める要因となるかも知れません。

今一度、注意深く相場の動きに素直についていくことが得策ではないかと思います。

話は変わりますが、来月にはサッカーワールドカップが開幕します。
6月は、もともと株式相場が堅調なことが多い月ですが、この4年に一度の大イベントで日本代表が活躍してくれますと関連銘柄が良い動きをすると思います。

日本代表のサポーターである投資家の方は、早めに関連銘柄にめぼしをつけ仕込んでおいてはいかがでしょうか?

サッカーと株と両方が楽しめるかも知れませんね!


では、今日はこの辺で・・・。良い週末を!

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | マーケット情報

2006年05月18日

日経平均株価16000円割れ(場中) 米国株大幅安 円高一服

こんばんは。かぶ吉@FPです。今日は、久しぶりに早く帰宅できたためこんな早くの配信です。相場の状態は最悪ですが、本日は少し気分がいいかぶ吉です。(単純ですね!)

では、本日も行ってみましょう!

本日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比220円安の1万6087円で取引を終了しました。昨日、7日ぶりに反発し今後の相場状況の反転に少し期待をしてみましたが、見事に本日裏切られてしまいました。

この下落の原因は、昨晩のNYダウが今年最大の下げ幅(214ドル安)を記録、ナスダックも年初来安値を更新したことに尽きると思います。

このことにより、ただでさえ市場のセンチメントが悪化しているところに加え、主力株に売りが先行し、米国株に引きずられる形で東京株式市場も急落してしまいました。

昨日の記事にも少し記載しましたが、信用取引の担保不足による追加証拠金(追証)発生に伴う投げ売り(5/12時点での信用評価損益率が−9.41%に悪化)もここ数日続いており、まだ下値余地はあると見たほうが無難なようです。

従いまして、今しばらくは『休むも相場』スタンスを継続しようと思います。昨日、中長期であれば打診買いも良いかも??と述べましたが、確かに数ヶ月先や1年以上のスパンで投資を行える方にとっては、買い場とも取れますが、まだ下値余地があると思われますので反騰後でも遅くはありません。中長期の方も『休むも相場』と考えてはいかがでしょうか?

株中毒の方やデイトレの方は、しばらくはお気をつけてマネーゲームをお楽しみください!(笑)

さて、とりあえずのスタンスを述べましたが、暗い話題ばかりですので、何とか今後の相場に明るい影響を及ぼしてくれる事はないかと考えてみました。

正直、あまりありませんでしたが、本日の東京株式市場を眺めてみると、次の内容を見つけました。

それは、円高が一服しそうな感じであること(前日のニューヨーク市場で1ドル108円まで円高ドル安が進んだ為替市場が東京市場では110円台の取引となっている事)と決算発表の延期が東京株式市場全体に悪影響を及ぼしていた内に1社であるアーバンコーポが決算を発表し、大幅高となったこと(これにより決算に関する不透明感が薄れてくれることを祈ります)です。

どちらも市場のセンチメントを改善させるほど大きなインパクトはありませんが、これらの薄日が少しでも良い方向に向かってくれるきっかけになればと切実に思います。

最後に、明日はGDPの発表、福井総裁の会見などが予定されています。この数字が国内景気の減速懸念を示唆するものであれば失望感から売りが出る可能性もあります。また、日銀総裁による発言も、投資家心理に微妙な影を落とす可能性も考えられます。更に明日は週末ですのでこれらを警戒し、よりいっそう見送り気分が強まると思われます

暗い週末となりそうですが、皆さんがんばりましょう!


では、今日はここまで・・・・。


FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 19:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年05月17日

日経平均7日ぶりの反発 追証発生による投売り 不動産株会計不振

こんばんは。かぶ吉@FPです。

今日の東京株式市場は、日経平均株価が立会い日数で7日ぶりに上昇し、前日比149円高の1万6307円で取引を終了しました。

やっと日経平均株価が反発しました。この反発は、25日移動平均線からの乖離率や騰落レシオなどのテクニカル的な指標が底値圏を示していたために、起こったものと思われます。

本日の反発直前には、円高進行による売りや追証発生によるプチセリングクライマックスのような急落がありました。また本日の売買代金は、売買高23億株、概算3兆1165億円にあがりこれからもプチセリングクライマックスと呼んでもよさそうです。

したがって、かぶ吉@FP的には、これが株価出直りの前兆と捉えたいのですが、市場関係者の話を色々と見てみると、下げ過ぎによるテクニカル面での買い材料と、円高をはじめとする複合的に重なりを見せる売り材料との熾烈な天秤が今しばらく続くと考えるのが妥当なように思います。

つまり、これからしばらくは上記のような内容から荒い値動きが起こると思われ、注意が必要です。

結局、今は昨日記事にて記載したように中長期投資目的では、覚悟さえあれば買いもありかな?と思います。

後から振り返ってみるとこんなところを意外と外国人は買っていたりするものです。
寄り付き前の外国人は、売り4990万株 買い3470万株と大幅な売り越しでしたが、売り一巡後には外国人と見られる買いも主力株に入っているようですので・・・・。

短期リバウンド狙いの買いは、危険が大きいと思いますので『休むも相場』かと思います。

まぁ、安全に行きたい方は、もう少し様子見が妥当と思います。


以上、今日はここまで・・・・・・・。









FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | マーケット情報

2006年05月16日

日経平均6日続落 東京株式市場全面安 円高進行 セリングクライマックス間近か?

こんばんは。かぶ吉@FPです。

本日の東京株式市場は、日経平均株価が6日続落の前日比328円安、1万6158円で取引を終了しました。

本日の大幅安は、円高の進行が原因と言われています。前場においては前日の米株式市場が比較的堅調であったことや円高進行が一服したことなどから輸出関連株を中心にリバウンドを探るうごきとなりました。

しかし、買い一巡後は上値が重いと見るや否や下落に転じ、再び円高基調が強まる(109円台に突入)と下落幅を広げてしまいました。

かぶ吉@FPとしては、円相場の110円台と109円台の1円の差でこんなに敏感に反応してしまう今の相場に危機感を覚えます。

この1円の差が企業業績を大きく下落させるとは思えませんので、ましてや全面安状態に突入する材料としては ? マークを付けたいと思います。

このような状況を見ていると、いかに現在の東京株式市場のセンチメントが悪化しているかと言うことが良くわかります。

それをあらわすように、本日好決算を発表した石川島播磨ですら急落しています。つまり今の相場環境は、悪材料には過敏に反応し、好材料に対しても材料出尽くしとの判断を下してしまいます。

やはり、昨日から言っているように特に短期売買を中心に行っている方は『休むも相場』と思います。

短期的には昨日記事にしている通り、今現在新興市場の急速な下落に伴う信用取引の追証が発生している状況ですので、これに伴う売りが一段楽するころに出直りの光が見えてくるのではないでしょうか?

昨日にも言いましたとおり、2年連続にて底打ちの日となった5/17が明日と迫りました。
明日すぐに反転するとは思えませんが、もう少しすれば日柄も十分反転が見込まれるようになるのではないでしょうか?

今週末にはGDPが発表される予定です。市場予想では前期比大幅減速となる見通しですので通常でしたら株価にはマイナスに働きますが、現在はごらんの通りの悲惨な状況にあります。ですのでこの指標の発表あたりで『あく抜け感』が台頭してくることを期待したいと思います。

以上のような期待もこめて、常に企業の将来性に着目している中期投資家にとっては、『野も山も皆一面に弱気なら、阿呆になって買いの種蒔け』という言葉を思い出し、昨年の4、5月の急落場面を再度思い出して見るのもいいのではないかと思います。

つまり、夏以降にでも振り返ってみると今がチャンスといえるかもしれません。

但し、売買は自己責任でお願いします!

短期売買は、チャンスではないと思いますからお間違えなく・・・

では、きょうはここまで・・・。

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:28 | Comment(1) | TrackBack(1) | マーケット情報

2006年05月15日

日経平均株価5日続落 円高進行 3月機械受注統計:前月比5.2%減 追証発生?

こんばんは。かぶ吉@FPです。

今日の東京株式市場は、日経平均株価が5日続落し前週末比114円安の1万6486円で取引を終了しました。

この原因としては、やはり急速な円高による輸出関連企業の収益悪化懸念、先週末の米国株安などといわれています。

そのため、連日外国人の売り越しが続いています。ちなみに本日の状況は・・・

★外国証券の寄付前の注文状況・・・売り4250万株 買い2780万株

てな状況です。

まぁー何と言いましょうか、悲惨な状況になってきましたね。先週からかぶ吉@FPはリバウンド相場にいつなるか、いつなるかと考えてきましたが、どうやらもう少し先となりそうです。

ということで、今しばらくは『休むも相場』とのごとくしばらく静観がよさそうです。先週金曜日にはもし売買するとしたら・・・との記事をアップしていますが、やはり今はもし・・・ではなく休むが一番と思います。

では、日本株はいつ反騰を開始するのかと言うことに注目が行くことになりますが、テクニカル的には4/7の高値から値幅で1000円超、率で約6%の調整となっており、RSIやストキャスティックスなどの多くの指標が下げ過ぎを示唆している関係上いつ反騰しても不思議ではない状況にあると思います。

しかし、かぶ吉@FPとしては次に記載する内容に期待したいと思います。

それは、先週末にも少し触れましたが、昨年、一昨年と5/17に安値をつけています。今年も同じように5/17に底値をつけるでしょうか?ということですが、どうやら今年もこの辺で底値をつける可能性があります。

その理由としては、

04年:4/15に高値を付け、5/17に安値をつけている。
05年:4/8に戻り高値、5/17に安値をつけている。
06年:4/7に高値、安値は???

このような関係上、テクニカル的に日柄、値幅ともに調整一巡感が出つつある。

また、例年このような日柄となるのはヘッジファンドの決算が5月、11月の20日であり受け渡しベースでは5/17が最終日になるためと考えられます。そのため、現在は売りがかさむ時期であり需給悪は今週17日に通過する可能性があると思われるからです。

更に証券会社によれば追証の発生などが目立つらしく、需給関係において「最悪期を迎える段階」にあるようです。

以上のような理由により、もう少したてばリバウンド相場に突入することが考えられますので、繰り返しますが『休むも相場』とのごとく今は静観してみてはいかがでしょうか?



今日は、ここまで・・・・・。


ps:今日発表された機械受注統計は、売り材料となってしまいました。
早く、リバウンドのきっかけになる材料が出てほしいものです。 












FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:23 | Comment(1) | TrackBack(1) | マーケット情報

2006年05月13日

日経平均株価4日続落 円高進行 東証全面安

こんばんは。かぶ吉@FPです。

本日の東京株式市場は、日経平均株価が4日連続安となり、前日比260円安の1万6601円で取引を終了しました。

ついに4日続落となりました。昨日の記事でも触れていましたが、祈るような思いで今日の反騰に期待をかけていました。

しかし、昨日の米国市場の急落、外国人の大幅売りこし等から取引開始前から本日の方向性は決まったも同然でした。

ふたを開ければ、上記内容に加え円高進行、原油や金など国際商品市況の急騰を嫌気した売りのため、案の定日本市場も急落、一時は400円を超える下落を見せすさまじいものがありました。

では、来週の東京株式市場はどうなるかと言うことになりますが、日経平均株価は直近4日間で689円の下落していますので、反発の期待と更なる下落による調整相場入りの正反対の考えが錯綜しています。

確かにこれだけ株価が下落をしてそして米国株の急落(年初来で2番目の下落)、円高進行(109円台に突入)、主力企業の決算発表に対する失望感など、悪材料がありますので弱気になるのはやむを得ません。かぶ吉@FPも正直弱気になってきました。

しかし、このようなときこそ底値である可能性が高く、良好な日本のファンダメンタルズを背景とした戻りを期待しようと思います。

また、この時期(5月)は、例年決算絡みや外部環境の不透明感から月末に安値をつけることが多いようです。昨年、一昨年は17日に安値をつけ、その後戻り歩調を辿った経緯がありますので、今年も17日前後を境に戻りを試す展開になることを期待しようと思います。

では、こんなときはどのような銘柄を選択すべきかと言うことになりますが、休むも相場との言葉があるとおり休む事も1つの方法と思います。

しかし、どうしても売買したいと言うのであらば、そう簡単に円高基調が変化するとも思われませんので、円高が収益押し上げ要因に働く食品や紙・パ、電力・ガスなど、いわゆる円高メリット株を購入してはどうかと思います。

たとえば、アサヒビール <2502> やキリンビール <2503> などのビール株、日本ハム <2282> や伊藤ハム <2284> といったハム株なんかに注目してみてはいかがでしょうか?

あと、最後に来週の相場上の注目点を記載して今日の記事を締めくくろうと思います。

●来週の注目点
・機械受注統計
・日銀福井総裁講演
・日銀金融政策決定会合
・バーナンキ議長の議会講演  など

今日は、ここまで・・・・。良い週末を!

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 01:08 | Comment(1) | TrackBack(2) | マーケット情報

2006年05月11日

日経平均3日続落 オプションSQ MSCI新規採用銘柄

こんばんは。かぶ吉@FPです。

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比89円安の1万6862円で取引を終了しました。

3日続落です。ずっとかぶ吉@FPは、明日こそリバウンドだ!と繰り返して来ましたがどうやらリバウンド相場は、来週に持ち越しの公算が高くなってきました。

明日のオプションSQが通過すれば、イベントリスクも低くなりリバウンド開始とも考えられますが、まあ、あまり期待せずうれしい誤算となることを祈っていようと思います。

さて、今日の東京株式市場ですが、昨日FOMCを通過したことや、円相場が若干円安に振れたことなどが買い安心感につながり、前場では買い戻しの動きが加速し日経平均株価が前日比135円高までありました。

しかし、その後は買いも続かず明日のオプションSQ(特別清算指数)算出に絡んでの思惑もあって、結局3日続落で終了してしまいました。

とりあえず、今は静かにSQ通過を見守ろうと思います。
そして、4度目の正直となりますがリバウンド相場を待とうではありませんか!

最近のSQ通過後の相場を見てみると、このイベントが転換点になることが多い事に気が付きます。

以下に箇条書きしてみますと・・・・・

05年12月:↑翌週から大幅上昇! 
06年 1月:↓ライブドアショックの余波で大幅下落
    2月:↓金融政策変更や外国人売りへの警戒感から急落
    3月:↑日銀の量的緩和解除、公示地価発表を経て急騰
    4月:↓高値警戒感、円高進行により日経平均は17000円割れ

さて、5月(明日)はどのようになるか?良い結果をお祈りしています。

●今朝発表された、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の新規採用銘柄は?

長谷工 大塚商会 エディオン ダヴィンチ パーク24
ラウンドワン ACCESS 日製鋼 住友チタ 東邦チタニウム オークマHD OSG ダイフク 新光電工 東海理 東京精密 アーク アシックス 札幌北洋HD 日立ハイテク 阪神

です。ご参考までに・・・・。


今日は、ここまで・・・・。












FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年05月10日

日経平均株価 米FOMC オプションSQ前の見送り

こんばんは。かぶ吉@FPです。

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比238円安の1万6951円で取引を終了しました。

昨日、かぶ吉は今日の相場を希望的観測を踏まえリバウンド相場への突入を期待していました。しかし、期待もむなしく大幅続落となってしまいました。

この原因としては、今晩の米FOMCの結果を見極めたいことや為替相場における円高の進行などが考えられます。

更に今週末には株価指数オプションの特別清算指数(SQ)を控えていることなども本日の買い見送りに寄与??したものと思われます。

一昨日でしたっけ、円高の進行があまり問題視されていない旨の記事をアップさせていただき、そのときにいつこれが東京株式市場下落の原因となるかわからないため注意してくださいと述べておきました。

まさに、円高が足かせになってきている模様の東京市場です。

しかし、かぶ吉@FPはずーっと以前より日本株の先高期待を変えていません。また、今後も変えるつもりはありませんのでいまは良い押し目を形成しているように思います。

本日の株価下落は重要イベントを目前に控えた“リスク回避”の面が非常に強いと思われますので、今晩のFOMCを通過してしまえばそのようなイベントリスクは後退し、徐々に買い安心感が強まってくるのではないかと思います。

銘柄的には、外国人は日本の内需株を本格的に仕込みつつあると言う報道も直近あった通り、鉄鋼や食品、電力・ガスなどの上昇トレンドは続いておりこれらの業種を買いの視点で追いかけてみてはいかがでしょうか?

最後に、本日、色々な市場関係筋のコメントを見てみましたが、大方がかぶ吉@FPの見方と一致しており、良い押し目または最後のふるい落としと考えようと思います。

市場関係者の一言強気コメント集

・基本的には押し目買いスタンス
・目先的な「買わない材料」が過ぎれば堅調な動きとなって来る。
・弱気は損気、断固強気で市場と対峙していきましょう
・押し目は狙いとなります。


きょうは、以上です・・・。

PS:本日MSCIの銘柄入れ替えの結果について質問を頂きましたが、5/10の銘柄入れ替えというのは、日本時間で5/11早朝にあたりますので明日楽しみにしておいてください。色々なメディアで取り上げられるのではないかと思います。


FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット情報

2006年05月09日

米FOMC 円高警戒感 国際優良株下落 日経平均株価反落 

こんばんは。かぶ吉@FPです。

今日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比100円安の1万7190円で取引を終了しました。

米連邦公開市場委員会(FOMC)を10日(水)に控えているため、様子見ムードが強く、前日までの3日間で385円上昇した事もあり利益確定売りに押された模様です。

また、外国為替市場で円相場が一時1ドル=110円台まで上昇したため円高に対する警戒感からか値ガサハイテクなどの国際優良株(輸出関連株)を中心に値を下げています。
テクニカル的に今日の動きを考えてみると、日経平均の日足チャートでは下方に窓(17188.54円−17248.59円)が空いており、本日の窓埋めによって早くも調整一巡感が台頭していると考えても良いと思います。

そのため、チャート的には押し目買いポイントを迎えていると判断しても良いかも?知れません。ここは、希望的観測も踏まえ明日以降はリバウンド相場に突入すると思いたいものです。

どうも今の相場概況を眺めていると、為替動向や業績発表などに一喜一憂しながらも底堅い展開といえ、比較的好材料には敏感に、悪材料には鈍感に反応するような展開となっているため、市場のセンチメントは悪くはないとの市場関係者の声も聞かれます。

ここは、売買高等も確りしている事から前向きに考えて行きたいとかぶ吉@FPは思っています。

但し、為替動向や米FOMCの結果など不安要素もありますので注意は必要です。

たとえば、今の相場環境は外部環境が読みづらい特徴を有していますので、米国株式を見ても利上げ早期打ち止め観測が景気減速懸念から来ているものなら、株価の先安感を招きかねませんし、為替については、円高が信仰している状況にありますが、「国内輸出企業の収益悪化」と「外国人投資家から見た円建て資産の魅力向上」をどう秤にかけるかで全く正反対の反応を示しそうです。

ということですので、前向きに考えていくものの目先はその日に出てきた決算や陽の当たった材料・テーマに敏感に飛び乗ると言うような対応が良いのかも知れません。

長期的観測では、かぶ吉@FPは日本株の先高期待は変更するつもりのないことを最後に記載しておこうと思います。

短いですが、以上今日はここまで・・・・・


FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:37 | Comment(1) | TrackBack(1) | マーケット情報

2006年05月08日

日経平均株価続伸 MCSI銘柄入れ替え 内需関連株

こんばんは。かぶ吉@FPです。
GWは、皆さんいかがでしたか? 本当にお休みと言うのは早く終わってしまいますね。かぶ吉@FPも今日から仕事です。

今朝のかぶ吉は、テンション低かったですよー!(笑)

さて、GWは終わってしまいましたが、今日から東京株式市場が再開されました。

では、今日の相場はどうだったでしょうか?
簡単に振り返ってみようと思います。

では、始めます。

今日の東京株式市場は、日経平均株価が5/2の終値比137円高の1万7291円で取引を終了しました。
かぶ吉@FPがGW前から再三記事にしていた通りの状況になりほっとしています。

これは、連休中のニューヨーク株式市場が大幅高を演じたため、朝方から幅広い銘柄に買いが入ったためと言われています。

この結果、テクニカル的に上値抵抗線として機能していた25日移動平均線(17205.42円)を突破し、上値余地が広がる展開となっています。

これから健全な調整を交わしながら再び上値を試す展開に入っていくものと考えられます。
しかし、懸念事項がないわけではありません。
本日、円相場が111円半ばまで上昇し日本経済の足を引っ張りかねない状況になってきたことです。

幸い今日はこれが大きな売り材料にならず、国際優良株(輸出関連株)のみが軟調となったに過ぎませんでした。

しかし、このままの調子で円高基調が続きますといつこれが売り材料として取り上げられれるかもわかりませんので、為替には注意をしておく必要があると思います。

ということで、本日をはじめ目先は内需関連株や金価格の20年ぶりの高値をうけて非鉄関連株を中心に物色するのもよさそうです。

また、この円高に関連して面白い記事を見つけました。

それによると、この円高進行はむしろ外国人投資家にとってプラス材料との評価も挙がっているということです。

それはなぜかと言いますと・・・
ドルベースの日経平均は連日の年初来高値更新となっており、外国人投資家の心理状態が頗る良好であることを示しているとのことです。

色々な見方があるものだと妙に感心してしまいました。皆さんはこの見方をどう考えますか?

以上本日の相場概況でした。

少し話は変わりますが、最後に先日少し記事にしましたMCSIの定期入れ替えについてお話しておこうと思います。

MCSIとは、世界の機関投資家などがベンチマーク(投資基準)として利用している指数のことで、日本の日経平均株価以上に銘柄の入替えに対して関心が高いものです。
採用はTOPIXと同じ加重平均方式をとっています。

ということで、ここに組み入れられるか否かが注目を浴びるわけですが、市場関係者によると、外資系や国内大手証券合計3社(UBS、野村証、日興シティ)で、3社ともに新規採用を予想しているのはエディオン(2730)、日本製鋼所(5631)、アーバンコーポレーション(8868)の3社でした。

2社で採用予想にあがっている銘柄はダヴィンチ・アドバイザーズ、ラウンドワン、大塚商会、ACCESS、オークマ、シスメックス、ドンキホーテ、東京精密、アーク、松坂屋、イズミ、日本信販となっています。

この入れ替え銘柄の発表は、5月10日(日本時間では11日早朝)に決定しましたのでお知らせしておきます。

当然、新規組み入れ銘柄に買いが入ることはわかりますが、採用から外れた銘柄からも目を離さず、結構な価格まで押し目が入りました買いで対処するのも一考かと思います。

きょうはここまで・・・・では!

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 22:40 | Comment(1) | TrackBack(2) | マーケット情報

2006年05月06日

昨日のお勧め商材の特典追加です!

おはようございます。かぶ吉@FPです。

GW明けまで記事をアップする予定ではありませんでしたが、昨日ご紹介しました商材に魅力的な特典を更に添付することができるようになりましたので紹介させていただこうと本日、記事を配信させていただきます。

昨日の記事で、かぶ吉のリンクサイトから購入していただける方には、

『●●●を利用して購読意欲の高い人間のアクセスを集める方法』

を特典としてお付けすると書きましたが、更に5/25までに購入していただけた方には

『短縮/圧縮URLツール:楽々URL』

をお付けすることができるようになりました。(ポキスケさんに感謝!)

このツールは、通常5000円程度でよく販売されているものと同じ性能のものです。

詳しくは以下のアドレスにてご覧ください。
↓   ↓   ↓
http://mailjoho.com/raku2url/

もし、上記ツールのみが欲しい方がいらっしゃいましたら、2800円にて販売も可能ですので下記のリンクからご購入ください!
↓   ↓   ↓
http://snipurl.com/q3gq

では、よろしくお願いします。

最後に、昨日の記事を以下に再度記載しておきますので、記事を見てない方はこちらからどーぞ!


  ここから
↓   ↓   ↓
●お薦め情報
こんばんは。かぶ吉@FPです。

ゴールデンウィーク、皆さんはいかがお過ごしですか?
お休みは、本当にあっというまですね!

かぶ吉@FPは、ゴルフに行ったり、映画に行ったりと近場で楽しんでいます。
あーそうそう、かぶ吉は、5/3のクラブ競技(所属ゴルフクラブの競技)で優勝しました。パチパチ!! 誰も聞いていないって? 失礼しました。

と、それはさておき今日は、株とは少し違うお話をしようと思います。
興味がありましたらお付き合いください!
↓   ↓   ↓   
http://2ch2.net/.l?=45Gx

実は、かぶ吉@FPは将来に備え株式投資、貯蓄、保険等を絡めたポートフォリオを構築し資産運用を行っています。

しかし、FPとしてはこのような資産運用を行うことが王道とは思うのですが、最近アフィリエイトや情報起業などを代表とするネットビジネスで収入を得ている方が急増しています。この中には副業として1ヶ月にに数万円程度の方から100万円オーバーの方までさまざです。

このように従来の資産運用に加えネットビジネスで収入を得ると言うのはキャッシュポイントを多く持つ事になりFPから見ても資産運用に際して理想的であるといえます。

また、ネットビジネスはスタートに際し資金が全く要らないかもしくは非常に小額で始められ、仮に失敗してもリスクがありません。
しかし、リスクがないばっかりに真剣に取り組む方も少なく、ご存知かもしれませんが1ヶ月に1万円稼げない方が大部分(95%以上)とも言われています。

実は、かぶ吉@FPもこっそりとネットビジネスをしており、何とかお小遣い程度は収入を得ています。
↓   ↓   ↓   
http://2ch2.net/.l?=45Gx

そこで、かぶ吉@FPからネットビジネスに関しささやかですがアドバイスをさせていただきたいと思います。
ネットビジネスで手っ取り早く1ヶ月に1万円以上収入を得ようとするならば、時間短縮のために有料(優良)商材を1つ購入してそれをぼろぼろになるまで使い倒すことが最短ではないかと思います。

1万円の壁を越すことができれば、10万円の壁はより早く越すことができると思います。(かぶ吉@FPはいまこの壁を越す段階です。)

なぜならば、1万円稼げるサイトを量産することで10万円の壁は越せるからです。
そして、サイト数を増やせば増やすほどどうなるか・・・。わかりますよね (ニヤッ)

そこで、本日の記事では番外編としてかぶ吉@FPが先日購入し、目から鱗のおちた商材をご紹介したいと思います。

この商材の特徴は、@努力がいりません。(もちろん少しは努力が必要ですよ!他の方法に比較してと言う意味です。)A非常に簡単にできます。B結果も比較的早くついてきます。C一度ブログを構築してしまえば後は放置プレイでOKです。

まあ、一度見てください
↓   ↓   ↓   
http://2ch2.net/.l?=45Gx


この商材は、実際に購入した人だけが、皆さんに紹介(アフィリ)できる制度ですので非常に貴重な情報と思います。

ぜひ、皆さんもこの商材を手にして頂き新たなキャッシュポイントを確保してください。かぶ吉@FPのお薦めです。(使用経験上から言っています。)
↓   ↓   ↓
http://2ch2.net/.l?=45Gx


そして、今回かぶ吉@FPのリンクから購入していただいた方には特典をつけさせていただきます。

特典は●●●を利用して購読意欲の高い人間のアクセスを集める方法です。(実際、稼いでいるアフィリエイターはみんな行っていると聞きました。)

この特典は、商材にかいてある方法だけでも十分なところに更に少し“ひねり”を加えるものです。もしよろしければお使いください!
↓   ↓   ↓
http://2ch2.net/.l?=45Gx


この商材は、作者(ポキスケさん)のページから買うと銀行振り込みの14800円となりますが、かぶ吉@FPのリンクからクレジット購入していただければ11800円とお得です。
↓   ↓   ↓
http://2ch2.net/.l?=45Gx


かぶ吉@FPのリンクからクレジット購入してくれた方は、インフォカートのメールをパスワードの前までコピペして送って下さい。
名前も忘れずに書いてくださいよ!(笑)

題名は「商材買ったよ!」でお願いします。

連絡先アドレスはここまで
↓   ↓   ↓
kabukichi_no1@yahoo.co.jp

では、きょうはここまで!

来週からは、通常版の株式情報を配信します。良い週末を・・・・・・。



↑   ↑   ↑
   ここまで


本日は、以上です。
2日続けての株以外のねたですみません!月曜日からは株ネタで行きますのでお許しを・・・。  (かぶ吉@FP)



FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 10:44 | Comment(1) | TrackBack(4) | 日記

お薦め情報

こんばんは。かぶ吉@FPです。

ゴールデンウィーク、皆さんはいかがお過ごしですか?
お休みは、本当にあっというまですね!

かぶ吉@FPは、ゴルフに行ったり、映画に行ったりと近場で楽しんでいます。
あーそうそう、かぶ吉は、5/3のクラブ競技(所属ゴルフクラブの競技)で優勝しました。パチパチ!! 誰も聞いていないって? 失礼しました。

と、それはさておき今日は、株とは少し違うお話をしようと思います。
興味がありましたらお付き合いください!
↓   ↓   ↓   
http://2ch2.net/.l?=45Gx

実は、かぶ吉@FPは将来に備え株式投資、貯蓄、保険等を絡めたポートフォリオを構築し資産運用を行っています。

しかし、FPとしてはこのような資産運用を行うことが王道とは思うのですが、最近アフィリエイトや情報起業などを代表とするネットビジネスで収入を得ている方が急増しています。この中には副業として1ヶ月にに数万円程度の方から100万円オーバーの方までさまざです。

このように従来の資産運用に加えネットビジネスで収入を得ると言うのはキャッシュポイントを多く持つ事になりFPから見ても資産運用に際して理想的であるといえます。

また、ネットビジネスはスタートに際し資金が全く要らないかもしくは非常に小額で始められ、仮に失敗してもリスクがありません。
しかし、リスクがないばっかりに真剣に取り組む方も少なく、ご存知かもしれませんが1ヶ月に1万円稼げない方が大部分(95%以上)とも言われています。

実は、かぶ吉@FPもこっそりとネットビジネスをしており、何とかお小遣い程度は収入を得ています。
↓   ↓   ↓   
http://2ch2.net/.l?=45Gx

そこで、かぶ吉@FPからネットビジネスに関しささやかですがアドバイスをさせていただきたいと思います。
ネットビジネスで手っ取り早く1ヶ月に1万円以上収入を得ようとするならば、時間短縮のために有料(優良)商材を1つ購入してそれをぼろぼろになるまで使い倒すことが最短ではないかと思います。

1万円の壁を越すことができれば、10万円の壁はより早く越すことができると思います。(かぶ吉@FPはいまこの壁を越す段階です。)

なぜならば、1万円稼げるサイトを量産することで10万円の壁は越せるからです。
そして、サイト数を増やせば増やすほどどうなるか・・・。わかりますよね (ニヤッ)

そこで、本日の記事では番外編としてかぶ吉@FPが先日購入し、目から鱗のおちた商材をご紹介したいと思います。

この商材の特徴は、@努力がいりません。(もちろん少しは努力が必要ですよ!他の方法に比較してと言う意味です。)A非常に簡単にできます。B結果も比較的早くついてきます。C一度ブログを構築してしまえば後は放置プレイでOKです。

まあ、一度見てください
↓   ↓   ↓   
http://2ch2.net/.l?=45Gx


この商材は、実際に購入した人だけが、皆さんに紹介(アフィリ)できる制度ですので非常に貴重な情報と思います。

ぜひ、皆さんもこの商材を手にして頂き新たなキャッシュポイントを確保してください。かぶ吉@FPのお薦めです。(使用経験上から言っています。)
↓   ↓   ↓
http://2ch2.net/.l?=45Gx


そして、今回かぶ吉@FPのリンクから購入していただいた方には特典をつけさせていただきます。

特典は●●●を利用して購読意欲の高い人間のアクセスを集める方法です。(実際、稼いでいるアフィリエイターはみんな行っていると聞きました。)

この特典は、商材にかいてある方法だけでも十分なところに更に少し“ひねり”を加えるものです。もしよろしければお使いください!
↓   ↓   ↓
http://2ch2.net/.l?=45Gx


この商材は、作者(ポキスケさん)のページから買うと銀行振り込みの14800円となりますが、かぶ吉@FPのリンクからクレジット購入していただければ11800円とお得です。
↓   ↓   ↓
http://2ch2.net/.l?=45Gx


かぶ吉@FPのリンクからクレジット購入してくれた方は、インフォカートのメールをパスワードの前までコピペして送って下さい。
名前も忘れずに書いてくださいよ!(笑)

題名は「商材買ったよ!」でお願いします。

連絡先アドレスはここまで
↓   ↓   ↓
kabukichi_no1@yahoo.co.jp

では、きょうはここまで!

来週からは、通常版の株式情報を配信します。良い週末を・・・・・・。

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 01:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月02日

日経平均大幅反発 円高一服 MSCI Japan 組み入れ銘柄

こんばんは。かぶ吉@FPです。
やっと明日から皆さんと同じようにゴールデンウィークに突入のかぶ吉です。

明日は、とりあえずゴルフに行ってきます。(所属クラブの競技です)
どんなスコアが出るかこう御期待!

では、本日も東京株式市場の概況からスタートです。

今日の東京株式市場は、日経平均株価前日比228.06円高の17153.77円で取引を終了しました。

とりあえず、日経平均株価が終値ベースで3営業日ぶりに17000円台を回復しました。連休の谷間と言うことで非常に薄商いでしたが、何とか心理的な節目である17000円台を回復したことは素直に喜んでも良いでしょう。

かぶ吉@FPとしては、25日移動平均線(1日終値ベースで17172円)を上にブレークしてもらいたかったのですが、そこまではうまくいきませんでした。

そのため、完全な買い転換とはいかないかもしれませんが連休明けが少し楽しみな形で谷間を終了した形は良いのではないかと思います。

今日の上昇は、ドル円相場で円高が一服した事を好感して、自動車などの輸出関連株や主力ハイテク株に買いが入った事が相場を押し上げたものと思われます。

先週までの急落の原因が本日の上昇原因とはさすが株式相場。げんきんなものですね!

と言うことで、連休明けは先日から記事にて書いているように日経平均株価が仕切りなおして上昇傾向を示すと思われます。

そのため、連休明けから発表される好決算銘柄に短期で飛び乗ると言う戦略はいかがでしょうか?

また、この連休中にMSCI Japan の定期見直し銘柄の予想をしてみてはいかがでしょうか?証券各社ともに新規組み入れ候補、削除候補銘柄などを予想していますので、この中から新規組み入れ銘柄と思われる銘柄を早めに仕込み月末にかけての思惑的な動きをを楽しんでみてもよさそうです。

但し、これらは余裕資金の中でお楽しみください。

では、よい連休をお過ごしください。

また来週お会いしましょう! 


 

FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:11 | Comment(1) | TrackBack(2) | マーケット情報

2006年05月01日

連休の谷間 閑散相場

こんばんは。かぶ吉@FPです。

ゴールデンウィーク真っ只中の本日ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?
お天気もよく、とても暖かくと言うか暑いくらいですので、レジャーには持って来いですね!

だからなのかどうかわかりませんが、本日の東京株式市場は、事前予測の通り閑散としています。

日経平均株価は、前日比19.48円高の16925.71円で取引を終了しました。
本日一日を通して、上下100円の値動きに収まる何とも閑散とした相場だと言うのが率直な感想です。
ですので、当然売買高も先週末比26.4%減の1兆9224億円で、約1ヵ月ぶりに2兆円の大台を割り込みました。

銘柄的には、円相場が1ドル113円前半まで上昇したため輸出関連株が見送られ電気・ガス業、鉱業などのディフェンシブ株が物色されました。

今日の相場概況はこんなところです。

今週相場は、明日のみですので基本的には今日とあまり変化のない1日となるでしょう。お天気も良さそうなので、外へレジャーに出かけるかもしくは連休明けの相場に対する研究でもしていたほうが良いのではないかと思います。

短いですが、今日はここまで・・・。

PS:そうそう、今朝出勤時の地下鉄の駅で大変な経験をしました。それは何かというと地下鉄の線路にホームから人が転落したところに居合わせました。
朝の出勤時ですので、2〜3分1本電車が来ます。とにかく夢中でこの転落した人をホームに居合わせた人たちで救助しました。

線路に下りて押し上げる人、ホームから落ちた人を引き上げる人、そして駅員へ連絡に走る人、救急車を手配する人など当然各々の担当なんて決まっているはずはありませんが、すごく手際よくホームにいた乗客みんなで救助活動ができました。
この間、たったの2〜3分ですがとても長く感じました。

線路から救出直後に電車が到着したときは、ゾッとしましたよ。
一歩間違えば、5人程度が死亡する大惨事となるところでしたもんね。

まぁ、けが人もなく救出できたことでよしとしましょう。

ホームにいた乗客たちとの連携プレーを振り返り、こんな世知辛い世の中でも結構すてたもんではないなーと感じました。

以上、今日の大事件でした!


FPが語る株式投資儲けのヒント〜初心者にやさしい株式投資〜へ

posted by かぶ吉 at 23:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット情報
Copyright(C)2006 byFPが語る株式投資儲けのヒント All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。